「攻メ」ゲンガーランド(S13最高最終2106最終順位35位)

こんにちは!スポンジです!S13でずっと憧れだったレート2100を達成することが出来ました!今回はその使用構築を紹介していこうと思います。
f:id:spokemon929:20190108074616p:plain

以下常体

【構築経緯】
S130族、高い特攻、広い技範囲で多くの相手に対面から不利を取らないメガゲンガーに魅力を感じ、そこから構築がスタート。
そうなると、間違いなく相手のミミッキュやスカーフ地面が課題になってくるので、対面操作も出来て、HBに厚い霊獣ランドロスも自然に採用。
ランドの蜻蛉から繋ぐエースのZ枠として多くの相手を上から縛れる水Zゲッコウガを採用。
この3匹を基本選出と最初は考え、後の3匹を補完として採用。
まず、ゲンガーでは後手に回るリザY入りの並びを厚くメタり、ゲンガーとなるべく役割を似せた技構成の裏メガ枠として岩雪崩持ちのメガメタグロスを採用。
次にここまでで辛い相手のゲンガー軸や、ミミロップ軸に強く出れるポケモンとして襷カプテテフを採用。
最後にゲッコウガが出しにくい、ポリゴン2入りのサイクルやカビムドーに強く出れる悪Zバンギラスを採用して構築が完成した。


【コンセプト】
・構築に強力なZ枠を2枠用意し、そのどちらかを通す。
・攻めの選出を心がけることで、なるべく少ないサイクルでの勝ちを狙い、試合中の択を減らす。
・選出段階で見えないタイプ打点やZで奇襲をかける。またこれを狙うことにより、相手の選出がわかりやすくなり、早い段階で勝ちのルートを追いやすくなる。


【個体紹介】
f:id:spokemon929:20190108080418p:plain
ゲンガー@ゲンガナイト
H172 B4 C76 D4 S252 臆病
鬼火/祟り目/ヘド爆/10万ボルト
10万ボルトで無振りゲッコウガが確定1発

メインのメガ枠。メタグロスに対面から勝て、襷とスカーフ以外のゲッコウガを上から縛ることを意識してこの技構成にした。ただ、2点だけ注意しなきゃいけないパターンがある。

①襷ゲッコウガ
10万ボルトで削った後、裏のゲッコウガバンギラスで水手裏剣を受けてその後処理。

メガメタグロスが思念の頭突きを持ってる場合
やけど込みでもバレットパンチで縛られてしまうので、思念の頭突きを受けた後、ランドロスに引っ込める。

この2つのパターンに関しては残したゲンガーは最後の詰めや死に出し用のクッションとして使用する。

選出率は2位。積み展開や選出段階でリザYだと思われる並び以外には積極的に選出していた。


f:id:spokemon929:20190108080613p:plain
メタグロス@メタグロスナイト
H92 A132 B28 D4 S252 陽気
アイへ/バレット/雷パン/岩雪崩
特化霊獣ランドロス地震確定耐え
ゲッコウガの悪の波動確定耐え

ゲンガーが出せない時用の裏メガ枠。リザY入りを意識、またゲンガーが出せなくてもゲンガーと似た仕事が出来るようにこの技構成にした。岩石封じではなく、岩雪崩にしている理由は岩石封じだとHBリザYを落とすことが出来ないから。
また、メインの選出で重いカプ・テテフオニゴーリの選出抑制としても活躍してもらったと思う。

選出率は6位だったが、リザY入りや積み展開に対しての誤魔化し要因として頑張ってもらった。


f:id:spokemon929:20190108081224p:plain
ランドロス@ゴツゴツメット
H244 B252 A4 D4 呑気
地震/蜻蛉返り/めざ氷/毒々
HPを奇数にし、ほぼHBぶっぱ。

この構築に欠かせないクッション枠。マンダ入りに強く出ることを意識してこの技構成。岩石封じを抜いた弊害はそこまで感じなかった。
この系統のランドロスは混乱実を持ってることが多いが、ゴツメを持たせることで増えていると言われていたガルーラ入りにも強く出れ、1回ランドロスに攻撃したABミミッキュゲッコウガの水Z圏内に入れることも出来る。また、この構築が少ないサイクルでの勝利を目指すというコンセプトだったので、ゴツメにしたのは間違いなく正解だったと思う。

選出率は1位。起点にされることには注意して立ち回っていた。

追記 ランドロス努力値が4余っていますが、なんと振り忘れです…余っている努力値はCに振るのがいいと思います。


f:id:spokemon929:20190108081415p:plain
カプ・テテフ@襷
CS252 余りB 控え目
サイキネ/ムンホ/めざ炎/10万ボルト
10万ボルトがH252テッカグヤに54.9~65.7%
サイキネ+めざ炎でH252ナットレイが確定で落ちる

最強襷持ちポケモン。十分すぎる火力と、そこそこ速い素早さを持ち合わせた対面性能の塊。この構築は電気タイプと炎タイプがおらず、テッカグヤナットレイを呼ぶため、このポケモンで誘い倒すムーブを取れ、裏のポケモンを通しやすくする役割集中の形を取ることが出来た。
サイコフィールドは襷を持っているこのポケモン自身、先制技で縛られやすいゲンガーとは相性が良かったが、先制技を持っているメタグロスゲッコウガとはアンシナジーであったので立ち回る際は注意が必要。

選出率は4位。相手のゲンガー軸やミミロップ軸、受けサイクル気味の構築にはとにかくこのポケモンが刺さった。


f:id:spokemon929:20190108081559p:plain
ゲッコウガ@水Z 変幻自在
CS252 余りB 臆病
ハイドロカノン/冷凍ビーム/めざ炎/水手裏剣

メインのZ枠になるはずだったポケモン。今期はこのポケモンの通りがとにかく悪く、あまり選出することが出来なかった。
原因として考えられるのは、以前までゲッコウガを選出する構築の対象として考えていたカバマンダ構築の裏にポリゴン2スイクン、ラッキーといったゲンガーでは崩せないゲッコウガ受けがいる構築が多く見られたこと、バンギラスへの信頼が厚すぎたことだと思っている。

選出率は5位。カバリザテテフやガルランドみたいなあまり受けの駒がいなさそうな並びには積極的に選出した。


f:id:spokemon929:20190108081647p:plain
バンギラス@悪Z
噛み砕く/エッジ/挑発/竜の舞
AS252 余りD 意地っ張り
A2段階上昇した悪Zで共有カバ確定1発
シールド状態の呑気ギルガルドを悪Zで確定1発

この構築のMVP。カズオ??さんのS12の構築記事を見て面白そうだなと思って試しに採用したところ、大量発生していたカビムドーや、このポケモンを採用する前に、誘いながらも重いと感じていたギルガルドに対して強く出ることが出来た。
エッジを打つ場面があまりなく、ランドやマンダに命中安定で刺さる冷凍パンチと変えるかずっと迷っていたが、レヒレギャラドスに対して有効打がないのは嫌だったのでエッジのまま最後まで戦った。
砂嵐がテテフの襷とアンシナジーな点は注意。
選出率は3位。このポケモンがいなければ2100は間違いなく無理だったと思う。


【選出】
ここからは具体的な並びについてざっとよくした選出を書いていくが、再戦だったりとか、明らかに違う選出をした方がいいと判断した場合は違う選出をしたこともたくさんあったので、あくまで参考程度に。

VSカバマンダ
ゲンガー+ランドロス+Z枠
Z枠はカバマンダの取り巻きによるが、バンギラスを出すことが多かった。ゲンガー通すことを意識する。

VSカバリザテテフミミッキュ
メタグロスランドロスゲッコウガ
この系統はゲッコウガメタグロスの通りがいいので、どちらかを通す。

VSリザランドゲッコポリ2グロスミミッキュみたいな並び
ゲンガー+ランドロスバンギラス
今期かなり見受けられた並びで、リザードンはXがほとんど。ゲッコウガを受けるためによく選出されるポリ2をバンギラスで上手く仕留めてゲンガーかランドロスを通す。苦しい展開になることが多い苦手な構築。

VSガルランドゲッコウガミミッキュギルガルド@1
ゲンガー+ランドロスゲッコウガ
今期話題になった並び。ギルガルドにだけ気をつければ、選出する3匹が基本通っていた。ギルガルドを頑張って削って誰を通すか試合中に考える感じ。

VSヒトムレヒレグロスorサザングロス
バンギラスランドロス+ゲンガー
最初はゲンガーを初手において、裏ランドロス+Z枠の選出をしていたのだが、相手もゲンガー意識で初手にヒトムやサザンドラなどが来てゲンガーが出し負けをするパターンが物凄く多かった。
なら、いっそのこと初手メタグロスが出てくる展開を切り、初手からバンギラスの悪Zで奇襲をかけて数的有利を取り、ゲンガーを通しに行く作戦に出たところ、思いのほか刺さったので最終盤はこの選出をかなりしていた。ただの博打だが、この選出の変更は正解だったと思う。

VS襷ランド積み展開
メタグロスランドロスゲッコウガ
襷ランドに対して30%の運ゲーを仕掛ける。怯まなかったとしても、積まれる前に裏のゲッコウガを先に通すことを意識して立ち回る。ただ、この系統は苦手な構築であり苦しい展開が多かった。

VSステロ無しの積み展開
メタグロスランドロス+テテフ
メタグロスでいい感じに場を荒らして積まれても問題ない襷テテフを通す。この系統も若干苦手意識が強い構築。

VSナットドランマンダ
テテフ+ランドロス+Z枠
テテフで場を荒らして、ゲッコウガまたはバンギラスを通す。この系統にフェローチェが入ってる構築はどうやってもほぼ勝てない。

VSゲンガー軸、ミミロップ
テテフ+ランドロス+Z枠orメガ枠
テテフで場を荒らして裏の2匹で詰める感じ。初手のゲンガー、ミミロップ対面はサイキネではなく裏に通る技をほとんど押していた。ゲンガーがメガシンカして守ってきたパターンだけは2ターン目サイキネに切り替えた。

VSラティクチ
①テテフ+ランドロス+Z枠orメガ枠
②テテフ+メタグロス+Z枠
迷ったら①の選出をしていたが、たまに攻め3枚で固めた選出をしたこともあった。ラティクチ自体が対面の殴り合いに対して苦しくなるのを自分が使っていた時に感じたので、②の選出パターンが刺さることはよくあることだと個人的には思っている。

VSポリクチ
メガ枠+ランドロスゲッコウガ
メガ枠でポリ2を削って裏を通す感じ。トリル下でクチートにタテられないようにランドのHP管理が非常に重要。

VS受けの要素が強い構築
①テテフ+バンギラス+メガorランドロス
②ゲンガー+バンギラス+テテフorランドロス
バンギラス通すことを第1優先に考えて立ち回る。
754さんの構築みたいな並び、受けループには①の選出を、ブルドヒやグロスポリ2ドヒドイデみたいな並びには②の選出をしていた。

VS雨パ
①メガ枠+ランドロスゲッコウガ
②テテフ+ランドロス+メガorZ枠
未だに何の選出がベストなのか迷走しているレベルで苦しい並び。ペリラグの場合は①、トノラグの場合はテテフの襷を生かして②の選出をすることが多かった。ランドロスのゴツメで無理やりメガラグラージを削って、他のポケモンを通す動きを取る。

VS砂パ
メタグロスランドロスゲッコウガ
ドリュウズランドロスで処理する形。砂選出をかなりの確率でされるので、誰のHPを大事にするべきかを対戦中に意識して立ち回ることが重要。


VSカバルカリザキノガッサみたいな対面構築
①テテフ+ランドロスゲッコウガ
②メガ枠+ランドロスゲッコウガ
基本的にゲッコウガを通す流れ。高速移動ボルトロスの予感がした場合は①の選出、それ以外は②の選出をすることが多かった。


【キツいポケモン
フェローチェ
マジでキツい。メタグロスのバレパン+ゲッコウガの水手裏剣で縛るか、テテフやゲンガーで無理やり倒すしかない。
テッカグヤ
炎タイプと電気タイプがいないので、抜群技の威力が弱く、削るのに毎回苦戦していた。
・雨パ、メガフーディン
ゲンガーの上を取られるかつ負荷をめっちゃかけられるので、苦しい。メタグロスゲッコウガで頑張るしかない。
・スカーフランドロス
初手にゲンガーを出した場合、蜻蛉か地震かの択になるので、物凄いキツかった。初手スカーフランドロス1点読みをしてこちらも初手ランドロスから入ることもあったレベル。


【構築の反省点】
・攻めの要素が強すぎて、選出択になることが多かった。酷い時は2ターン目で降参ボタンを押す試合まであった。
・高速エースに対しての回答を見つけられなかった。どのポケモンがスカーフを持っているか常に考えなきゃダメで窮屈な選出を強いられた。
・積み展開への回答を見つけられなかった。上位の環境ではあまり数が多くなかったため、助かったが、ここへの回答を見つけられなかったのは構築の欠陥であると思っている。


【結果とQR
TN Azura*Dorm♪ 最高最終2106 最終順位35位
TN Ahaninja 最高2084 最終1929
f:id:spokemon929:20190108090155j:plain
何か質問等ありましたら、Twitterの@spokemon929までお願いします。

QR出してみました!良かったら使ってみてください!
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-9770-4CFF

【最後に】
ここまでこの記事を見てくださり、ありがとうございました。最後にちょっとだけ自分語りをさせてください。


シングルレートを始めて4年、ついに憧れだった2100を取ることが出来て本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。Twitterでもたくさんの方に祝福のリプライを頂いて、1件1件喜びをかみしめながら返していました。本当にありがとうございました。

僕自身ポケモンというゲームは人生そのものって言っていいくらい大事で熱中したゲームであり、また同時にちょっと悪い言い方をすると、リアルと両立することが難しかった不器用な僕にとって、リアルを狂わされたゲームでもあります笑

大学受験期にイライラのあまり、ポケモンのデータを全部壊したこともあり、今現在SMまでに自分で育てたポケモンはもう僕の元には帰ってこれない状態です。

そんなことがあっても、USMでまた1から2100を目指して頑張ろうって思えたのは、やっぱりこのゲームが楽しいからであり、そして2100が自分にとって届きそうでなかなか届かない本当に高い数字だったからだと思います。

2100に到達するまでは絶対に引退しないと決めていた過去から、2100を達成した今、完全に燃え尽きることができ未練はなく、次のことを全く考えれてない状態です。

大好きなアシレーヌと一緒に2100を目指すことも考えてはいるのですが、僕の現在の実力は今回やっとギリギリ2100を掴めたレベルであり、上から殴る脳しかない僕が素早さが遅いあの子と一緒にこの先戦いきる自信があるかって言われたら、ハッキリ言って全くないです。

なので、7世代のガチレート対戦はここで区切りをつけようかなって今のところ思っています。もちろんポケモン対戦は今でも大好きなので、気分転換にレートに潜る、キャスをする、オフ会に出る、仲間大会を開く、ポケモンの魅力を伝えていく活動などはすると思いますが、今はリアルで新しいことを探してみたいなという気持ちがほんのちょっとだけあるので、しばらくはリアルの方を優先していきたいなと思います。具体的に何をするんだって言われても全く何も思い付かない現状なんですけどね笑

それでは、ここら辺で終わりたいと思います。記事を最後まで見てくださった方、ありがとうございました。
そして、今までポケモン関連で関わってくださった方々全員にも感謝の気持ちを述べたいと思います。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。