先手必勝!ジュラミミクッション(S1最終64位)

【はじめに】
こんにちは、スポンジです。剣盾シーズン1お疲れ様でした。TNスポンジとTNアイで潜っていました。対戦した方は対戦ありがとうございました。

剣盾発売後初の構築記事になります。自分の中ではかなり気に入った構築となりました。使用した並びはこちらになります。(レンタルIDはもう消しました、ごめんなさい)
f:id:spokemon929:20200120082923j:plain
【構築コンセプト】
・有利対面が出来て押し切れそうなら早めにダイマックスを切り、試合の主導権をこちらが握る。相手のやりたいことをやらせない。
ミミッキュやクッションとなるポケモンを使って、相手のダイマックスターンを稼ぎつつ詰める。
・とにかく数的有利を意識した対面的な動き


8世代では7世代ほど数的有利が重要視されない環境になりましたが、自分はシーズン1に使いたいポケモンがジュラルドンであったこともあり、7世代でそこそこ扱っていた序盤に数的有利を取る対面構築を使用することにしました。



【個体紹介】
ジュラルドン@突撃チョッキ ライトメタル
145-103-136(4)-172(252)-70-150(252) 臆病
徹底光線/竜の波動/10万ボルト/破壊光線

構築の始点です。基本的には初手に投げてダイマックスして数的有利を取っていきます。
特防が本当に低いので、それを補うために突撃チョッキを持たせました。控え目にして火力を増やしても、耐久調整をしても勝てる相手がそこまで増えるわけではないので、配分はシンプルに最速のCSです。
特性は全部役に立つ場面がほとんどないので、なんでもいいと思いますが、一応けたぐり対策のライトメタルがベストな気がします。(なんかもう少しシングルでも使えるいい感じの特性くれてもよかったんじゃないですかねゲーフリさん)
技構成は鋼技と竜技はいくつか候補がありましたが、プレイヤーの好みで選んでいいと思います。自分は自主退場も出来て威力が強力な徹底光線と安定して居座れる竜の波動を選びました。破壊光線はダイマックスした時にダイアタックを打つことが出来て、身代わり等を貼られても素早さを下げることが出来るので、対面から勝てる相手が増えて使用感はかなりよかったです。
回復技がある特殊受けがあまりいない前のめりな構築には積極的に選出してました。ただ、上位帯での対戦ではあまり出すことが出来ませんでした。



ギルガルド@風船 バトルスイッチ
167(252)-111(244)-160-X-160-82(12) ※シールドフォルムでの能力値
167(252)-210(244)-70-X-70-82(12) ※ブレードフォルムでの能力値
性格は意地っ張り
シャドークロー/聖なる剣/影打ち/キングシールド
Sラインは無振りバンギラス抜き

クッション①。ジュラルドン軸を組む上で、どうしても無視出来ないドリュウズへの対抗策になります。あくまで対抗策なので、ダイマックスを切られたり、アイへで怯まされると対面から勝てないですが、誤魔化しは出来ます。
最初、この枠にはギャラドスを入れていたのですが、ジュラルドンドリュウズ対面という明らかな不利対面で交代読みの岩封やドリルを打たれることが多かったので、相手視点から見えない引き先が欲しいなと考えた結果、最終的にはこのポケモンに落ち着きました。
崩し性能になる剣の舞が欲しい場面はたくさんありましたが、ダイマックスターンを稼いでミミッキュで詰めるという動きが強力だったので、キンシは外せませんでした。あと今のギルガルドは襷型が主流なので、キンシが読まれにくかったのも採用理由です。格闘技は本当に好みだと思うので、聖なる剣とインファイトどちらでもいいです。自分もずっと個体や技構成はコロコロ変えていたので、結論は出てないです。



ミミッキュ@命の珠 化けの皮
131(4)-142(252)-100-X-125-162(252) 陽気
シャドークロー/じゃれつく/影打ち/剣の舞

詰めとしても切り返しとしても使える最強ポケモン。化けの皮によりダイマックスターンを2ターンは稼げて、剣の舞+影打ちを打てるのが魅力です。
7世代では個人的にこのポケモンを上手く使うことが出来なかったのですが、ダイマックスという仕様が出来た8世代では自分の中の評価がガラッと変わりました。
ミラーに対して50%の運ゲを仕掛けられたり、スカーフ以外のドリュウズに対して上から殴れるようにするため、この構築では陽気一択です。



ウインディ@達人の帯 威嚇
165-162(252)-100-X-101(4)-161(252) 陽気
フレドラ/インファ/ワイボ/じゃれつく

ジュラルドンが出せない構築に対して初手に出すポケモンになります。サイクル構築には基本こちらを投げることが多かったです。
サイクル系の構築にはギルガルドが出しにくく、ドリュウズを上から殴りたかったため、性格は陽気一択です。しんそくが欲しい場面はありましたが、崩し性能を重視して切る形になりました。
ダイマックス中にどこまで崩せるかで勝敗が大きく決まったので、7世代の電気Zバシャーモみたいにとにかく強気な行動が大事なポケモンでした。


ロトム@こだわり眼鏡 浮遊
157(252)-X-127-172(252)-127-107(4) 真面目→控え目ミント使用
ボルチェン/トリック/放電/シャドボ

クッション②。オーロンゲ入りの壁構築やカバ展開、受け構築に対して選出しました。
最初はHBベースの個体を使っていましたが、火力不足を感じたのでシンプルなHC配分にしました。素早さの4振りは、ロトムミラー意識であったり、放電で麻痺したら最速ドラパルトが抜ける等の保険的なものです。
ハイドロポンプが欲しい場面はありましたが、自分自身が信用してないのと、他の4つの技が優秀だったので技構成はこの4つが気にいってます。トリックはカビゴンやオーロンゲに打ったり詰め筋として非常に優秀でした。シャドボはカバ対面で打つと裏のドラパルトが飛んでいって強かったです。
シーズン終盤はサザンドラが増えたのがものすごい向かい風に感じてあまり出せませんでした。ただ、シーズン中盤では大活躍でした。このポケモンを上手く選出出来れば、かなりの確率で勝てていました。


ゲンガー@気合いの襷 呪われボディ
135-X-81(4)-182(252)-95-178(252) 臆病
シャドボ/ヘド爆/ギガドレ/悪巧み

受け構築に対しての崩し枠でもあり、対面選出も出来るかなり優秀なポケモンです。
受け構築を使う側はサザンドラを最初に意識することから、フェアリータイプを採用することが多いと感じていたので、毒タイプの崩し枠が強いんじゃないかと思い、このポケモンにたどり着きました。草技と悪巧みを採用することで受け構築に対してかなり強く出ることが出来ました。
シーズン中盤の型バレしてない時期は、ヌオーやトリトドンがだいたい突っ張ってきてたので、1発屋の崩し枠としてはめっちゃ強かったです。シーズン終盤は型バレしててだいたい引かれていたので、かなり辛かったです。


【勝つのが厳しいと感じたポケモン・並び】
たくさんいるので省略します。ただ、どの並びに対しても9割方対処ルートは考えていたので、もし聞きたいことがあれば、Twitterの@spokemon929のリプライかDMか質問箱までお願いします。


【選出パターン】
①ジュラルドン+ギルガルドミミッキュ
ウインディ+ゲンガー+ミミッキュ
ロトム+ゲンガー+ウインディ

他にも選出パターンはたくさんありますが、この3つの選出が多かったです。


【結果】
TN スポンジ 最高39位(シーズン終了1週間前に達成) 最終お通夜
TN アイ おそらく最終63位

最終順位が確定で分かり次第追記します。

追記 最終64位でした。


f:id:spokemon929:20200101071228j:plain
f:id:spokemon929:20200101092339j:plain
f:id:spokemon929:20200101092521j:plain
f:id:spokemon929:20200101111540j:plain

【最後に】
最終順位2桁を目標にしていたので、今回の結果には大満足です。ただ、上位との壁は8世代になっても感じました。いつかその壁を壊せるようなプレイヤーになれたらいいですね。

今回は先手でダイマックスを切る構築を使っていきましたが、やはり不安定さを感じました。ただ、自分のやりたいことを先に通すという意味ではシーズン1っぽい、また自分らしい構築が作れたと思います。

シーズン1はストーリー中に惚れたジュラルドンを使っていきましたが、シーズン2以降はモーションがカッコいいインテレオンやポケモンHOMEが解禁されたら、ワンチャン嫁ポケのアシレーヌが使えるかもしれないので、そこら辺のポケモンを使って楽しみたいです。

最終日やシーズン中何回か通話してくれた、るきあさん、ミズハさん、ユキさん、ゼオンさん本当にありがとうございました。心の支えになりました。

改めてシーズン1お疲れ様でした。