「攻メ」ゲンガーランド(S13最高最終2106最終順位35位)

こんにちは!スポンジです!S13でずっと憧れだったレート2100を達成することが出来ました!今回はその使用構築を紹介していこうと思います。
f:id:spokemon929:20190108074616p:plain

以下常体

【構築経緯】
S130族、高い特攻、広い技範囲で多くの相手に対面から不利を取らないメガゲンガーに魅力を感じ、そこから構築がスタート。
そうなると、間違いなく相手のミミッキュやスカーフ地面が課題になってくるので、対面操作も出来て、HBに厚い霊獣ランドロスも自然に採用。
ランドの蜻蛉から繋ぐエースのZ枠として多くの相手を上から縛れる水Zゲッコウガを採用。
この3匹を基本選出と最初は考え、後の3匹を補完として採用。
まず、ゲンガーでは後手に回るリザY入りの並びを厚くメタり、ゲンガーとなるべく役割を似せた技構成の裏メガ枠として岩雪崩持ちのメガメタグロスを採用。
次にここまでで辛い相手のゲンガー軸や、ミミロップ軸に強く出れるポケモンとして襷カプテテフを採用。
最後にゲッコウガが出しにくい、ポリゴン2入りのサイクルやカビムドーに強く出れる悪Zバンギラスを採用して構築が完成した。


【コンセプト】
・構築に強力なZ枠を2枠用意し、そのどちらかを通す。
・攻めの選出を心がけることで、なるべく少ないサイクルでの勝ちを狙い、試合中の択を減らす。
・選出段階で見えないタイプ打点やZで奇襲をかける。またこれを狙うことにより、相手の選出がわかりやすくなり、早い段階で勝ちのルートを追いやすくなる。


【個体紹介】
f:id:spokemon929:20190108080418p:plain
ゲンガー@ゲンガナイト
H172 B4 C76 D4 S252 臆病
鬼火/祟り目/ヘド爆/10万ボルト
10万ボルトで無振りゲッコウガが確定1発

メインのメガ枠。メタグロスに対面から勝て、襷とスカーフ以外のゲッコウガを上から縛ることを意識してこの技構成にした。ただ、2点だけ注意しなきゃいけないパターンがある。

①襷ゲッコウガ
10万ボルトで削った後、裏のゲッコウガバンギラスで水手裏剣を受けてその後処理。

メガメタグロスが思念の頭突きを持ってる場合
やけど込みでもバレットパンチで縛られてしまうので、思念の頭突きを受けた後、ランドロスに引っ込める。

この2つのパターンに関しては残したゲンガーは最後の詰めや死に出し用のクッションとして使用する。

選出率は2位。積み展開や選出段階でリザYだと思われる並び以外には積極的に選出していた。


f:id:spokemon929:20190108080613p:plain
メタグロス@メタグロスナイト
H92 A132 B28 D4 S252 陽気
アイへ/バレット/雷パン/岩雪崩
特化霊獣ランドロス地震確定耐え
ゲッコウガの悪の波動確定耐え

ゲンガーが出せない時用の裏メガ枠。リザY入りを意識、またゲンガーが出せなくてもゲンガーと似た仕事が出来るようにこの技構成にした。岩石封じではなく、岩雪崩にしている理由は岩石封じだとHBリザYを落とすことが出来ないから。
また、メインの選出で重いカプ・テテフオニゴーリの選出抑制としても活躍してもらったと思う。

選出率は6位だったが、リザY入りや積み展開に対しての誤魔化し要因として頑張ってもらった。


f:id:spokemon929:20190108081224p:plain
ランドロス@ゴツゴツメット
H244 B252 A4 D4 呑気
地震/蜻蛉返り/めざ氷/毒々
HPを奇数にし、ほぼHBぶっぱ。

この構築に欠かせないクッション枠。マンダ入りに強く出ることを意識してこの技構成。岩石封じを抜いた弊害はそこまで感じなかった。
この系統のランドロスは混乱実を持ってることが多いが、ゴツメを持たせることで増えていると言われていたガルーラ入りにも強く出れ、1回ランドロスに攻撃したABミミッキュゲッコウガの水Z圏内に入れることも出来る。また、この構築が少ないサイクルでの勝利を目指すというコンセプトだったので、ゴツメにしたのは間違いなく正解だったと思う。

選出率は1位。起点にされることには注意して立ち回っていた。

追記 ランドロス努力値が4余っていますが、なんと振り忘れです…余っている努力値はCに振るのがいいと思います。


f:id:spokemon929:20190108081415p:plain
カプ・テテフ@襷
CS252 余りB 控え目
サイキネ/ムンホ/めざ炎/10万ボルト
10万ボルトがH252テッカグヤに54.9~65.7%
サイキネ+めざ炎でH252ナットレイが確定で落ちる

最強襷持ちポケモン。十分すぎる火力と、そこそこ速い素早さを持ち合わせた対面性能の塊。この構築は電気タイプと炎タイプがおらず、テッカグヤナットレイを呼ぶため、このポケモンで誘い倒すムーブを取れ、裏のポケモンを通しやすくする役割集中の形を取ることが出来た。
サイコフィールドは襷を持っているこのポケモン自身、先制技で縛られやすいゲンガーとは相性が良かったが、先制技を持っているメタグロスゲッコウガとはアンシナジーであったので立ち回る際は注意が必要。

選出率は4位。相手のゲンガー軸やミミロップ軸、受けサイクル気味の構築にはとにかくこのポケモンが刺さった。


f:id:spokemon929:20190108081559p:plain
ゲッコウガ@水Z 変幻自在
CS252 余りB 臆病
ハイドロカノン/冷凍ビーム/めざ炎/水手裏剣

メインのZ枠になるはずだったポケモン。今期はこのポケモンの通りがとにかく悪く、あまり選出することが出来なかった。
原因として考えられるのは、以前までゲッコウガを選出する構築の対象として考えていたカバマンダ構築の裏にポリゴン2スイクン、ラッキーといったゲンガーでは崩せないゲッコウガ受けがいる構築が多く見られたこと、バンギラスへの信頼が厚すぎたことだと思っている。

選出率は5位。カバリザテテフやガルランドみたいなあまり受けの駒がいなさそうな並びには積極的に選出した。


f:id:spokemon929:20190108081647p:plain
バンギラス@悪Z
噛み砕く/エッジ/挑発/竜の舞
AS252 余りD 意地っ張り
A2段階上昇した悪Zで共有カバ確定1発
シールド状態の呑気ギルガルドを悪Zで確定1発

この構築のMVP。カズオ??さんのS12の構築記事を見て面白そうだなと思って試しに採用したところ、大量発生していたカビムドーや、このポケモンを採用する前に、誘いながらも重いと感じていたギルガルドに対して強く出ることが出来た。
エッジを打つ場面があまりなく、ランドやマンダに命中安定で刺さる冷凍パンチと変えるかずっと迷っていたが、レヒレギャラドスに対して有効打がないのは嫌だったのでエッジのまま最後まで戦った。
砂嵐がテテフの襷とアンシナジーな点は注意。
選出率は3位。このポケモンがいなければ2100は間違いなく無理だったと思う。


【選出】
ここからは具体的な並びについてざっとよくした選出を書いていくが、再戦だったりとか、明らかに違う選出をした方がいいと判断した場合は違う選出をしたこともたくさんあったので、あくまで参考程度に。

VSカバマンダ
ゲンガー+ランドロス+Z枠
Z枠はカバマンダの取り巻きによるが、バンギラスを出すことが多かった。ゲンガー通すことを意識する。

VSカバリザテテフミミッキュ
メタグロスランドロスゲッコウガ
この系統はゲッコウガメタグロスの通りがいいので、どちらかを通す。

VSリザランドゲッコポリ2グロスミミッキュみたいな並び
ゲンガー+ランドロスバンギラス
今期かなり見受けられた並びで、リザードンはXがほとんど。ゲッコウガを受けるためによく選出されるポリ2をバンギラスで上手く仕留めてゲンガーかランドロスを通す。苦しい展開になることが多い苦手な構築。

VSガルランドゲッコウガミミッキュギルガルド@1
ゲンガー+ランドロスゲッコウガ
今期話題になった並び。ギルガルドにだけ気をつければ、選出する3匹が基本通っていた。ギルガルドを頑張って削って誰を通すか試合中に考える感じ。

VSヒトムレヒレグロスorサザングロス
バンギラスランドロス+ゲンガー
最初はゲンガーを初手において、裏ランドロス+Z枠の選出をしていたのだが、相手もゲンガー意識で初手にヒトムやサザンドラなどが来てゲンガーが出し負けをするパターンが物凄く多かった。
なら、いっそのこと初手メタグロスが出てくる展開を切り、初手からバンギラスの悪Zで奇襲をかけて数的有利を取り、ゲンガーを通しに行く作戦に出たところ、思いのほか刺さったので最終盤はこの選出をかなりしていた。ただの博打だが、この選出の変更は正解だったと思う。

VS襷ランド積み展開
メタグロスランドロスゲッコウガ
襷ランドに対して30%の運ゲーを仕掛ける。怯まなかったとしても、積まれる前に裏のゲッコウガを先に通すことを意識して立ち回る。ただ、この系統は苦手な構築であり苦しい展開が多かった。

VSステロ無しの積み展開
メタグロスランドロス+テテフ
メタグロスでいい感じに場を荒らして積まれても問題ない襷テテフを通す。この系統も若干苦手意識が強い構築。

VSナットドランマンダ
テテフ+ランドロス+Z枠
テテフで場を荒らして、ゲッコウガまたはバンギラスを通す。この系統にフェローチェが入ってる構築はどうやってもほぼ勝てない。

VSゲンガー軸、ミミロップ
テテフ+ランドロス+Z枠orメガ枠
テテフで場を荒らして裏の2匹で詰める感じ。初手のゲンガー、ミミロップ対面はサイキネではなく裏に通る技をほとんど押していた。ゲンガーがメガシンカして守ってきたパターンだけは2ターン目サイキネに切り替えた。

VSラティクチ
①テテフ+ランドロス+Z枠orメガ枠
②テテフ+メタグロス+Z枠
迷ったら①の選出をしていたが、たまに攻め3枚で固めた選出をしたこともあった。ラティクチ自体が対面の殴り合いに対して苦しくなるのを自分が使っていた時に感じたので、②の選出パターンが刺さることはよくあることだと個人的には思っている。

VSポリクチ
メガ枠+ランドロスゲッコウガ
メガ枠でポリ2を削って裏を通す感じ。トリル下でクチートにタテられないようにランドのHP管理が非常に重要。

VS受けの要素が強い構築
①テテフ+バンギラス+メガorランドロス
②ゲンガー+バンギラス+テテフorランドロス
バンギラス通すことを第1優先に考えて立ち回る。
754さんの構築みたいな並び、受けループには①の選出を、ブルドヒやグロスポリ2ドヒドイデみたいな並びには②の選出をしていた。

VS雨パ
①メガ枠+ランドロスゲッコウガ
②テテフ+ランドロス+メガorZ枠
未だに何の選出がベストなのか迷走しているレベルで苦しい並び。ペリラグの場合は①、トノラグの場合はテテフの襷を生かして②の選出をすることが多かった。ランドロスのゴツメで無理やりメガラグラージを削って、他のポケモンを通す動きを取る。

VS砂パ
メタグロスランドロスゲッコウガ
ドリュウズランドロスで処理する形。砂選出をかなりの確率でされるので、誰のHPを大事にするべきかを対戦中に意識して立ち回ることが重要。


VSカバルカリザキノガッサみたいな対面構築
①テテフ+ランドロスゲッコウガ
②メガ枠+ランドロスゲッコウガ
基本的にゲッコウガを通す流れ。高速移動ボルトロスの予感がした場合は①の選出、それ以外は②の選出をすることが多かった。


【キツいポケモン
フェローチェ
マジでキツい。メタグロスのバレパン+ゲッコウガの水手裏剣で縛るか、テテフやゲンガーで無理やり倒すしかない。
テッカグヤ
炎タイプと電気タイプがいないので、抜群技の威力が弱く、削るのに毎回苦戦していた。
・雨パ、メガフーディン
ゲンガーの上を取られるかつ負荷をめっちゃかけられるので、苦しい。メタグロスゲッコウガで頑張るしかない。
・スカーフランドロス
初手にゲンガーを出した場合、蜻蛉か地震かの択になるので、物凄いキツかった。初手スカーフランドロス1点読みをしてこちらも初手ランドロスから入ることもあったレベル。


【構築の反省点】
・攻めの要素が強すぎて、選出択になることが多かった。酷い時は2ターン目で降参ボタンを押す試合まであった。
・高速エースに対しての回答を見つけられなかった。どのポケモンがスカーフを持っているか常に考えなきゃダメで窮屈な選出を強いられた。
・積み展開への回答を見つけられなかった。上位の環境ではあまり数が多くなかったため、助かったが、ここへの回答を見つけられなかったのは構築の欠陥であると思っている。


【結果とQR
TN Azura*Dorm♪ 最高最終2106 最終順位35位
TN Ahaninja 最高2084 最終1929
f:id:spokemon929:20190108090155j:plain
何か質問等ありましたら、Twitterの@spokemon929までお願いします。

QR出してみました!良かったら使ってみてください!
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-9770-4CFF

【最後に】
ここまでこの記事を見てくださり、ありがとうございました。最後にちょっとだけ自分語りをさせてください。


シングルレートを始めて4年、ついに憧れだった2100を取ることが出来て本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。Twitterでもたくさんの方に祝福のリプライを頂いて、1件1件喜びをかみしめながら返していました。本当にありがとうございました。

僕自身ポケモンというゲームは人生そのものって言っていいくらい大事で熱中したゲームであり、また同時にちょっと悪い言い方をすると、リアルと両立することが難しかった不器用な僕にとって、リアルを狂わされたゲームでもあります笑

大学受験期にイライラのあまり、ポケモンのデータを全部壊したこともあり、今現在SMまでに自分で育てたポケモンはもう僕の元には帰ってこれない状態です。

そんなことがあっても、USMでまた1から2100を目指して頑張ろうって思えたのは、やっぱりこのゲームが楽しいからであり、そして2100が自分にとって届きそうでなかなか届かない本当に高い数字だったからだと思います。

2100に到達するまでは絶対に引退しないと決めていた過去から、2100を達成した今、完全に燃え尽きることができ未練はなく、次のことを全く考えれてない状態です。

大好きなアシレーヌと一緒に2100を目指すことも考えてはいるのですが、僕の現在の実力は今回やっとギリギリ2100を掴めたレベルであり、上から殴る脳しかない僕が素早さが遅いあの子と一緒にこの先戦いきる自信があるかって言われたら、ハッキリ言って全くないです。

なので、7世代のガチレート対戦はここで区切りをつけようかなって今のところ思っています。もちろんポケモン対戦は今でも大好きなので、気分転換にレートに潜る、キャスをする、オフ会に出る、仲間大会を開く、ポケモンの魅力を伝えていく活動などはすると思いますが、今はリアルで新しいことを探してみたいなという気持ちがほんのちょっとだけあるので、しばらくはリアルの方を優先していきたいなと思います。具体的に何をするんだって言われても全く何も思い付かない現状なんですけどね笑

それでは、ここら辺で終わりたいと思います。記事を最後まで見てくださった方、ありがとうございました。
そして、今までポケモン関連で関わってくださった方々全員にも感謝の気持ちを述べたいと思います。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

S12使用構築 高火力対面構築 最高2011

S12で使用していた構築を簡単に紹介します。
f:id:spokemon929:20181026095158p:plain

以下常体

【コンセプト】
・構築に強力なZ枠を2枠用意し、相手の構築に合わせてどちらかを通していく
・対面性能の高いポケモンを並べ、パワーのある選出を心掛ける


【構築経緯】
今期も序盤1ヶ月はいろんな構築を使っていたが、その中で水Zゲッコウガの通りが良いと感じ、ここから構築がスタート。
ゲッコウガが通らない受けサイクル気味の構築に刺して行きたい裏のZ枠には剣舞電気Zバシャーモを採用した。
ゲッコウガを通す上で、ミミッキュ、カプ・コケコがしんどいのでクッション役としてゴツメ霊獣ランドロスを採用。

後は初手の相手のゲッコウガに出し負けをしない(最低でも裏の自分のゲッコウガの水手裏剣圏内に入れる)ことを意識して相手の構築に合わせて使い分ける初手枠を3匹用意。

まず、カバマンダガルドやグロス入りに強く出れるフルアタメガゲンガー、次にカバリザに強く出れる技構成のメガメタグロス、最後にゲンガーまたはミミロップ入りに強く出れる襷カプ・テテフを採用。

ざっくりと説明するとこんな感じ。細かく説明しようとすると書けることはいくらでもあるが、かなり長くなってしまいそうなので、省略。


【個体紹介】

ゲンガー@メガ石
臆病 CSぶっぱ余りB
シャドボ/へど爆/こご風/気合い玉

初手に出したい枠その①。思ったより火力が無かった印象。カバマンダガルドに強いメガ枠だと思って採用したが、正直あまり強く出れなかったし1番信用してなかった。


メタグロス@メガ石
陽気 H92 A132 B28 D4 S252
アイへ/バレパン/雷パン/がんせきふうじ

初手に出したい枠その②。カバリザYテテフみたいな並びに強く出たいのと、初手のゲッコウガ対面で出し負けたくないことを意識したらこのような技構成になった。
初手のゲッコウガ対面は雷パンからのバレパンを打ちゲッコウガの手裏剣圏内に入れるまたは倒すムーブを取る。悪Zと悪波怯みは諦めます。


カプ・テテフ@気合の襷
控え目 CSぶっぱ余りB
サイキネ/ムンホ/めざ炎/10万ボルト

初手に出したい枠その③。ゲンガーとミミロップ入りの並びにとにかく強く出ることを意識した。
これらのメガポケモンと初手で対面したら、スカーフ読みをされるので、めざ炎や10万ボルトを交代読みで打つことで裏のカグヤやナットレイが半分以上削れ、相手のポケモンを2匹持っていくムーブを取れ、easy winを量産した。
サイコフィールドがゲッコウガの水手裏剣と相性が悪いことは気になっていたが、それ以上に火力が凄まじくかなり活躍した印象。


ランドロス@ゴツメ
腕白 H244Bぶっぱ余りAとD
地震/がんせきふうじ/蜻蛉返り/毒々

クッション枠。ゴツメを持つことで相手のミミッキュを裏のゲッコウガの水Z圏内に確実に入れることが出来る。毒々はカバルドンカビゴン、ポリ2意識。


ゲッコウガ@水Z
臆病 CSぶっぱ余りB
ハイドロカノン/冷ビ/めざ炎/水手裏剣

この構築のエース兼Z枠その①。めざ炎を採用することでナットドランの並びに強く出れた。


バシャーモ@電気Z
意地っ張り ASぶっぱ余りD
フレドラ/飛び膝蹴り/雷パン/剣の舞

Z枠その②。ドヒドイデギャラドスを見たら選出した。大抵の受けサイクルはこのポケモンを軸に選出することで崩すことが出来た。初手に出してそのまま3タテを狙う動きもよくしてた。


【重いポケモン
・初手に出てこないゲッコウガ
ギルガルド
メガラグラージ
メガライボルト
ミミッキュ
キノガッサ
ポリゴン2
リザードンXY
・カプテテフ
アーゴヨン
メガボーマンダ

普通にメジャーなポケモンみんなキツいです…特にゲンガーの上を取ってくるようなポケモンがいる構築は全然勝てませんでした。

【最後に】
ランドロスに役割集中される動きが多くなり勝てなくなりました。重いポケモンもメジャーなポケモンが多すぎるただの欠陥構築でした。ただ、軸としては面白かったと思うので、何かの参考になれば幸いです。
QRは希望があれば出します。来期は2100取れるようにまた頑張ろうと思います。

最高レートの画像
f:id:spokemon929:20181103064609j:plain

第1回スポンジ杯 大会要項

f:id:spokemon929:20181003171419j:plain

サムネ用(誕生日にリア友から超自分好みのイラストをもらい、イラストを好きに使っていいよって言われたのでサムネにしちゃいました)

【はじめに】

こんにちは!スポンジです!今回は前々からちょっと話題にしていた僕が主催の仲間大会についての記事になります!

毎週誰かしらが豪華な景品ありの楽しい仲間大会を開いてくれるので、僕主催の仲間大会は需要ないかなあって考えていたんですけど、この前Twitterでアンケートを取ってみたところ、思ったより参加してみたいって方が多くいたので開催することにしました。

なお、大会が本当に開催されるかはエントリー数次第です()

 

【開催日とルール】

日時:10月13日(土)20:00~10月14日(日)0:59

 

仲間大会形式でシングルレーティングバトルシーズン12のレギュレーションに準拠します。

持ち時間は10分、選択時間は60秒、対戦回数は最大15戦です。

初めての催しなので、今回はルールの縛りはありません。複数ロムでの参加もオッケーです。

 

[大会リンク]

最初、時間設定を間違えてしまってPGL上では2つ大会があるのですが、こちらのURLから参加申請をお願いします。(女の子ロムのスポンジが主催している大会は参加しないでください)

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/friendlycompetitions/usum/internet/FI-O2107-S784/


[景品]

最初に謝罪しておきます。光るお守りすらもってない弱者なんで景品は他の大会に比べて大したものを用意できませんでした;;

 

1位

ウルトラムーンロムで厳選可能な準伝説あるいは伝説ポケモン+金の王冠

 

2位

ウルトラムーンロムで厳選可能な準伝説あるいは伝説ポケモン+ポイントマックス

 

3位

ウルトラムーンロムで厳選可能な準伝説あるいは伝説ポケモン

 

いや、本当に景品がショボすぎてごめんなさい…あと、希望されるポケモンによっては、ウルトラムーンロムをリセットして景品を作ることになるので、景品のお渡しにもしかしたらかなりの時間がかかってしまうかもしれません…そこはご理解いただきますようお願い致します。 


一応、主催の僕とマッチングして僕に勝利したら以下のボックスにある理想個体のどれかをプレゼントしたいと思います。(遺伝技とかは希望に添えてないことがあります)

f:id:spokemon929:20181003170743j:plain

理想個体が欲しい場合は、勝利報告をTwitterのリプライまたはDMで僕に送ってください。もちろん画像の通り数に限りがあるので、早いもの勝ちです。チェックはしましたが、万が一個体に問題があった場合はすぐお知らせください。

 

【配信について】

配信は自由にやってもらって構わないです!ただし、対戦相手の中傷誹謗等、他の方が不快に思われそうな行為は控えてください。

当日主催スポンジは今のところ配信をするつもりはないので、配信やってる方を見つけ次第、全員挨拶しに行くつもりです。よろしくお願いします。

 

何かこの大会に関することをツイートする時、配信する時は、ツイートに♯スポンジ杯をつけてくださると、僕がサーチしやすくなるのでとても助かります!

 

【最後に】

 シーズン12も中盤ですが、レートの息抜きにでもこの大会を使ってくださると嬉しいです!大会が開催されたら、当日は参加者全員でバトルをゼンリョクで楽しみましょう!

たくさんのエントリーをお待ちしております!

 

 

アシレボスゴ始動withメガクチートand Z S11最高2028 

こんにちは!スポンジです!

今回はS11で自身7世代最高レートを更新することが出来た構築を紹介していきたいと思います。今回の構築は前期の構築よりシンプルな感じになったので、今回の記事は前回よりは簡潔に書いていきたいと思います。

f:id:spokemon929:20180903013938p:plain

なお、今回の記事は以下に掲載させていただいた記事をある程度把握していると話が分かりやすくなると思うので、まだ読まれていない方はその記事を先に読まれることをオススメします。(記事掲載許可は頂きました)
noahsylph.hatenablog.com

構築経緯

前期自分だけのアイデアで構築を考えることに限界を感じたので、今期は過去に結果を残されている方の構築をベースに構築を作ろうと考え自分のプレイスタイルに合っている構築を探していました。いろいろ構築記事を読み漁った結果、ゲッコウガミミッキュクチートの対面構築みたいな構築が自分に合ってるのではないかと感じ上に掲載させていただいた記事の6匹から構築を考えてみました。
もちろん記事の6匹をそのまま使うと型を1点読みされる危険性が非常に高いので、なるべくベースの構築がバレない様に、かつ自分が使いやすいようにアレンジして構築を作りました。

まず、激流襷ゲッコウガの枠を激流襷アシレーヌにしました。アシレーヌにしたメリットデメリットはこの後書く個体紹介の欄で説明します。
次に命の珠(またはスカーフ)キノガッサを自分には使いこなせる自信がなかったので、初手のガルーラ対面や、受け系統の構築に強く出れる格闘Zカミツルギを採用しました。
後の4体はベースの記事とほぼ同じにして途中まで潜っていたんですが、環境に一定数いるカバリザテテフキノガッサの並びが非常に苦しかったので、コケコの枠をラムの実持ちボスゴドラに変更。後の3匹はベースの記事とほぼ同じ型のメガクチートミミッキュギャラドスを入れて、構築が固まりました。


個体紹介

f:id:spokemon929:20180903152851g:plain
アシレーヌ@気合の襷 激流
控え目 C252 S252 B4
泡沫のアリア/ムーンフォース/サイコキネシス/身代わり

激流込みで泡沫のアリアが無振りコケコに107.6~126.9%
激流込みで泡沫のアリアが無振りボルトロスに96.1~113.6%
サイコキネシスがH252ドヒドイデに52.2~62.4%
サイコキネシスがH252モロバレルに60.6~71.5%
素早さは無振り91族(霊獣ランドロスが代表的)抜き

初手に出すポケモン①。懐かしいと言われそうな襷アシレーヌです。某強者の方が襷アシレーヌを使ってS3で1位を取り話題になりましたね。
今回の激流襷アシレーヌは激流襷ゲッコウガよりもこの構築にマッチしていると判断し採用しました。(本音を言うと一番の理由は嫁ポケモンをどうしても使いたかっt)

技構成は最初、泡沫のアリア/凍える風/エナジーボール/サイコキネシスで使っていましたが、構築単位であまりにもテッカグヤのやどりきのタネ展開をされるのが辛かったことから、試しに身代わりを採用してみたところ、思いのほか使いやすかったので最終的には身代わりと一貫を取りやすいムーンフォースを入れました。
凍える風も命中後最速100族まで抜けたりしてかなり便利でしたし、エナジーボールもH252レヒレに対して50.8~59.9%とかなりいいダメージが入るので採用していて面白かったです。

一応激流タスキゲッコウガとの差別点を挙げるため、アシレーヌを採用するにいたってのメリットデメリットを簡単に書いておきます。

メリット
・技範囲が広い
・火力が出る
ミミッキュクチートと組み合わせることでトリルアタッカーと見せることができて、襷が読まれにくくなる
・構築の可愛さが100億倍になる
デメリット
・素早さが遅い
・強力な先制技がない(アシレのアクジェは火力察しなので)
・対面操作技がない(ゲッコウガが覚えるとんぼ返りみたいな技)
・宇宙を見せられない(最近Twitterで流行っている言葉です)

だいたいこんな感じです。個人的にはゲッコウガより使いやすかったので皆さんにかなりオススメしたい型となりました。前期のアシレボスゴ構築より嫁ポケモンの選出率が上がって使っていて凄く楽しかったです。選出率3位。

f:id:spokemon929:20180903153203g:plain
ボスゴドラ@ラムの実 頑丈
勇敢 
個体値 D0 S0 Bは16くらい 
努力値 H252 A252 余りC
ヘビーボンバー/岩雪崩/毒々/メタルバースト
ヘビーボンバーが無振りキノガッサに88.9~105.2%
素早さ実数値が無振り30族の素早さ実数値(50)-1の49

初手に出すポケモン②。かなりいろいろなところがキチガイになってるこの構築最大の地雷ポケモンです。

まず、個体値についてですが、BとDの個体値をあえて下げている理由はメタルバーストのダメージを増やすためです。Bも個体値0が望ましいのですが、粘る気力がありませんでした()
Sも個体値0まで粘って多くの相手にメタルバーストを打てるようにしました。
ちなみに努力値はHAぶっぱで余りはB、D、Sどこも伸ばしたくないので適当にCに振っておきました。C振りボスゴドラ爆誕しましたねこれ。Youtubeポケモン動画のサムネに使われることを密かに祈っています()低評価ボタンをたくさん押されてしまうかもしれませんが・・・w

基本的にアシレーヌで相手しにくいテテフやキノガッサ入り、アシレーヌの技の通りが明らかに悪い構築に対して初手で投げて行きます。
技構成はメインウェポンであるヘビボン、岩雪崩、起点回避のための毒々、どんな相手に対しても最悪削るあわよくば対面から1匹持っていける可能性が高いメタルバーストを採用しました。
メタバは読まれそうで弱いかなと思って作ったおもちゃポケモンでしたが、想像以上に決まって普通に強かったです。選出率5位。

f:id:spokemon929:20180903153319g:plain
クチートクチートナイト 威嚇
意地っ張り H252 A252 S4
じゃれつく/炎の牙/不意打ち/剣の舞
A↑↑不意打ちで無振りメガリザードンXが90.2~106.5%

今回のエース枠。ほぼ全ての構築に出していました。命中不安以外は文句なしの強さでした。かわいい。選出率1位。

f:id:spokemon929:20180903153455g:plain
ミミッキュミミッキュZ 化けの皮
意地っ張り H188 A156 B164
じゃれつく/影打ち/呪い/トリックルーム
意地っ張りメガバシャーモフレアドライブが84.4~100.0%
HPを偶数にして呪い2回で退場できるように。

Z枠その①。相手のZ技を読んで化けの皮を盾に後出ししたり、トリックルームをした後、呪いで自主退場出来たりと様々な動きが出来て非常に器用なポケモンでした。
基本的にはこのポケモンをZ枠として選出することが多かったです。選出率2位。

f:id:spokemon929:20180903153626g:plain
ギャラドス@飛行Z 威嚇
意地っ張り H36 A252 B4 D4 S212
滝登り/飛び跳ねる/竜の舞/挑発
素早さは1舞で最速122族(ゲッコウガ)抜き

Z枠その②。クチートが通しにくいヒードランテッカグヤ入り、カバリザに対して出せそうなら積極的に選出するようにしてました。
挑発を入れてる理由は構築全体で重いテッカグヤに対面から勝てるようにするため、ドヒドイデなどの黒い霧展開を防ぐため(コオリZは択に勝たないときつい)、舞った状態なら上からメガボーマンダなどに挑発を打て、相手の積み展開を防ぐことが出来るため等です。
わりといろんな場面で使うことが出来て非常に便利でした。選出率4位。

f:id:spokemon929:20180903154043g:plain
カミツルギ@格闘Z ビーストブースト
陽気 A252 S252 B4
リーフブレード/スマートホーン/聖なる剣/剣の舞
A2↑↑聖なる剣でH252ポリゴン2が100.0~117.7%

Z枠その③。アシレーヌボスゴドラが先発で出しにくいガルーラスタンに対して刺さるかなと思って構築にいれましたが、裏によくいるゲッコウガウルガモスが怖くて結局ほとんど出せませんでした。
この枠はもっと最適なポケモンがいたかもしれないのでここの枠は見直す必要がありそうですね。
ただ、ナットドランの並びや受け系統の構築には強く出ることができるため、構築から最後まで外せませんでした。選出率6位。


基本選出パターン
初手f:id:spokemon929:20180903161241p:plainorf:id:spokemon929:20180903161335p:plainf:id:spokemon929:20180903163135p:plainf:id:spokemon929:20180903163256p:plainorf:id:spokemon929:20180903163359p:plainorf:id:spokemon929:20180903163447p:plain


注意すべきポケモンと並び
・カプ・コケコ、サンダー
今回の構築には地面タイプがいないので、かなりの確率で呼びます。初手に出てくることが多いので、初手でうまく仕留めるまたは削ることが出来ればいいんですが、ボルトチェンジをされることも多々あったりそもそも初手で出されなかったりすると、結果的にかなり重くなってしまいます。
この2匹がいる場合は、クチートミミッキュの選出をすることがほとんどでした。

・カバリザ
今期はBに厚い怠ける持ちゴツメカバルドンが多く、クチートミミッキュの選出をしても崩せないパターンが多々あり非常に苦手としていました。
ギャラドスを選出すると、対カバリザ構築への勝率が少し上がるので出せそうなら積極的に選出していってました。

バシャーモ入り構築
クチートミミッキュの選出をしてトリルを通すルートを取れれば安定した勝率を保てました。

テッカグヤ
かなりの確率で出てくるかつめちゃくちゃ重いです。アシレーヌギャラドスの2匹を出せれば、大丈夫なんですが、実際はそう簡単にその2匹を出せる構築はあまりないです。最低でもアシレーヌは出すようにしましょう。

ナットレイ
こちらもかなりの確率で出てきます。クチートギャラドスorカミツルギの選出をしないと、苦しいです。

ヒードラン
クチートを通す上で非常に厄介なので、ギャラドス通すルートを第一に考えて立ち回っていました。

・鬼羽または半分回復木の実ウルガモス
めっちゃきついです。ギャラドスを出せればまだなんとかなると思います。

・ガルーラ
クチートミミッキュの選出をするか、基本選出パターンを崩して、クチートまたはカミツルギから入らないと全壊します。

・受け系統の構築
アシレーヌクチートギャラドスカミツルギこの4匹のうち1匹または2匹を通すことだけを考えていました。構築によって誰をエースとするのかを見極めて頑張るしかないです。


後語り

今期はUSMで本格的にポケモン復帰して3シーズン目でやっとUSM初の2000超え、また7世代で初めて2000帯で勝利することが出来て、自分にとっては非常に進歩があったシーズンでした。
「S12は2050の壁を越せるように頑張るぞ!」と言いたいところなんですが、現時点で構築案が全くなく、正直詰んでる状態なので、S12は今までみたいに高レートを目指してポケモンをやるかはまだ未定です。今期みたいにたまたま自分のプレイスタイルに合う構築を作ることが出来たら頑張りたいかなって思います。それまでは自分の使いたいポケモンを好き放題使って1500帯でエンジョイしていると思いますw
またキャスもちょくちょくやると思うので良かったら暇つぶしにでも遊びに来てください。

あと告知です。9月の下旬か10月上旬あたりに僕が主催の仲間大会を開こうと今のところ思っています。今回は初めての催しってことで、ルールに特に縛りは設けない普通のシングルレーティングバトルのルールでやろうかなと思っています。
まあ、一つ任意のルールとして、自分が一番好きなポケモンを左上に置こうみたいな緩い感じのルールは作るかもしれませんwとりあえず参加した皆さんがポケモンバトルを思いっきり楽しんでくれるのを第一に考えて大会を作っていきます。
またこのブログに大会告知用の記事をあげるのでそちらもよかったらよろしくお願いします。(景品とかも考えてはいるんですが、いかんせん自分光るお守りすら持ってない弱者なので、もし景品用として使わない何かしらの珍しいポケモンを謙譲しようと考えてくれている神みたいな方がいたらDMで声掛けてください。)

それではここまで記事を見てくださった方ありがとうございました!何か質問等あればTwitterの@spokemon929に連絡してくだされば、通知に気付かないという事故がない限り答えると思います!
最後にレートの画像とこの構築のQRを載せておきます!興味が出た方はぜひ使ってみてください!

最高レートの画像
f:id:spokemon929:20180904040938j:plain

最終レートの画像
f:id:spokemon929:20180904042515j:plain

構築のQR
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4BBA-9800




余談ですが…2000行った記念にアシレーヌのぬいぐるみを買って一緒に添い寝しようと企んでいたのでこの前ポケモンセンターオンラインのページへ行ったんですよ。そうしたら…………
f:id:spokemon929:20180904045213p:plain
泣きました;;;;;;;;

アシレボスゴUSMver S9最高1969 S10最高1961 真皇杯関西➁予選ベスト8

こんにちは!スポンジです!

今回は,僕がSM時代に使っていたアシレーヌボスゴドラが入っている構築「アシレボスゴ構築」(名前は自分で勝手につけました笑)のUSM環境verの構築記事を書いていきたいと思います.2000に行くことは出来ませんでしたが,普段レート環境であまり見ないポケモンもこの構築には入っているので,1人でも多くの方の参考になれば幸いです.

 f:id:spokemon929:20180709224221p:plain

構築経緯 

自分が一番好きなポケモンであるアシレーヌから構築がスタート.アシレーヌを通す上で,一番弊害となってくるポケモンミミッキュだと感じていたので,剣舞ミミッキュに後出し出来るかつ特性フィルターで対面性能が高いメガボスゴドラを採用しました.この2体を通す上でトリックルーム展開が強いのではと感じ,挑発されにくく火力が高いシャンデラを採用.選出時間の時は基本この3体を通せるかを一番最初に考えていました.あとの3体はこの3体で見れないポケモンたちを見てもらういわゆる補完的な役割となります.まず,キノガッサカプ・レヒレ,草Zを持ってそうなゲッコウガがきついので,そこに強く出れるカプ・コケコを採用しました.また,メガボスゴドラが非常に選出し辛い受け系統の構築,テッカグヤ,メガフシギバナ入りのサイクルに強く出れる剣舞インファイト持ちメガカイロスを採用.ラストは電気の一環を切れ,メガボーマンダアーゴヨンに強く,受け気味のポケモンにワンチャンスを狙える地割れ持ちチョッキマンムーを入れて構築が完成しました.

 

個体紹介                                            

 Pokémonsprite 730 SoMo.gif

アシレーヌアシレーヌZ 激流

控え目H252 C252 D4

泡沫のアリア/ムーンフォース/目覚めるパワー(炎)/アクアジェット

補正なしC252振りのメガゲンガーのヘドロ爆弾89.8%~105.9%

補正なしA4振り変幻自在ゲッコウガのダストシュート89.8%~107.0%

無振りカプ・テテフにアリアZが109.7%~129.0%

 

SMの時は,BをA特化メガボーマンダの捨て身タックル耐えまで厚く振って残りをCに振る調整をしていましたが,USMではその必要がないかなと感じたのと,かなり増えた耐久振りメガメタグロスを一撃で倒したいという考えのもとHCぶっぱ余りDに努力値を振りました.この調整の変更によって,A4振りゲッコウガのダストシュートが乱数で落ちるようになってしまいましたが,今のゲッコウガのダストシュート持ちはスカーフが多く,結局Aに振っている型が多いのでこの変更による防御耐久の減少はそこまで気にならなかったです.

USMでは,同タイプのカプ・レヒレの増加により,水フェアリーの技範囲を受ける枠として新たに増えたポケモン(一番わかりやすいのはカビゴン)がかなり厄介で,トリル下でアシレーヌが無双するみたいな動きが全然出来ない環境になってしまいました.ただ,ナットレイを水フェアリー対策枠として採用している構築では,まず有利対面を作り,ナットレイに交代したところにZを打って,そこから目覚めるパワー炎を打てば,大抵相手の構築を崩すことが出来たのでそこは強みなのかなと感じました.USMでは,あまりにもアシレーヌに対して,レヒレを後出しされることが多かったので,エナジーボールを入れるのもありなのかなと思っています.

 

記事書くときに毎回言ってますが,僕はこの子をベッドに連れ込んで毎晩一緒に寝たいです()

本当にこのポケモンは可愛くて好きなだけにもっと活躍させてあげたかったです.選出率5位.

 

Pokémonsprite 306m1 XY.gif

 ボスゴドラボスゴドラナイト メガシンカ前頑丈→メガシンカ後フィルター

意地っ張りH236 A212 B4 D44 S12

ヘビーボンバー/岩雪崩/地震/毒々

補正ありA252振りメガメタグロスアームハンマー36.6%~43.4%

A無振りカバルドン地震26.3%~31.4%

サイコフィールド下補正ありC252振りカプ・テテフサイコキネシス43.4%~51.4%

無振りメガバシャーモメガボスゴドラ地震が101.9%~120.0%

 

今回の構築の軸となっていたポケモンです.3ウェポン剣舞持ちミミッキュメガメタグロスに対して強く出れること、高いA種族値と技範囲の広さがこのポケモンの強みです.

技構成はメインウェポンのヘビーボンバーは確定,後の3つはメガボスゴドラを使う上で,人によってかなり変わってくる部分だと思います.個人的には,メガバシャーモメガメタグロスメガルカリオギルガルドドリュウズ等様々な相手に打てる地震は,自分の構築にカプ・ブルルを入れない限りは確定レベルで欲しい技だと思っています.後の2つの技については普通あまり入れない技だと思うので採用理由を簡単に述べておきます.

まず,岩雪崩に関してですが,これは主にリザードンウルガモス等に対して打つ技です.特によくあるテテフリザミミッキュという並びに対しては,岩雪崩が凄い刺さります.なぜなら,トリルを決めることが出来れば,この3匹を全員一撃で持っていくことが出来るからです(この並びのリザはほかにカバルドンキノガッサが構築に一緒に入っていることが多く,リザYである可能性が高い).また,ミミッキュボスゴドラを対面させて裏にリザードンがいる可能性がある場合の時,化けの皮を剥がす際に岩雪崩を打ってみると面白いくらいリザードンが出てきます(笑)ミミッキュからしたら,呪いがない場合,突っ張っても大したダメージをボスゴドラに与えられないので,引かざるを得ない状況になるからなんでしょうね.この皮を剥がす時に岩技を安定行動で打つことが出来る(命中不安はありますが)のが岩雪崩ボスゴドラの強みだと思っています.あとは,メガシンカしなかったらタイプ一致で打てる技であり,ウルガモスに対して特性頑丈を生かして勝つこともできるので,その点も大きく評価出来ると思います.

毒々に関してはこの技があることで回復手段があるポケモンに対して強く出ることができ,対面性能が一気に上がります.具体的には,リサイクル持ちくいしんぼうカビゴンポリゴン2クレセリアカバルドンメガボーマンダなどが代表的なところです.メガボーマンダに関しては,身代わり持ちである可能性があるのでまずは岩雪崩を打つことが大事です.威嚇が入っていても腕白マンダ以外は身代わりを壊すことが出来るので,起点になる心配はほぼないです.

正直なところメガガルーラカミツルギに打てる馬鹿力と霊獣ランドロスの処理速度を速めることが出来る冷凍パンチは欲しいなと思う場面が多々ありましたが,僕の構築ではこれが一番最適な技構成だったと思っています.選出率1位.

 

Pokémonsprite 609 XY.gif

 シャンデラ@気合の襷 貰い火

控え目H252 C252 D4

シャドーボール/大文字/目覚めるパワー(氷)/トリックルーム

無振りカプ・テテフシャドーボールが100.7%~120.0%

H252振りギルガルドに大文字が94.6%~112.6%

H244振りメガボーマンダに目覚めるパワー(氷)が89.6%~105.5%

 

トリックルーム始動要因であるポケモンです.H振りなのに襷を持たせている理由は相手のタイプ一致の攻撃をHに全振りしても耐えないことが多いからです.

技構成はメインウェポンであるシャドーボールギルガルドをいい乱数で落とせる大文字,後ろのポケモンのサポートが出来るトリックルームは確定していいんですが,あと1個はいろいろ試しながらやった結果,目覚めるパワー(氷)に落ち着きました.理由としては,襷を生かして,霊獣ランドロスメガボーマンダガブリアスを落とす動きが凄く強かったからです.ほかに試した技として,カプ・レヒレアシレーヌメガラグラージトリトドン,ヌオーに打つことが出来るエナジーボールポリゴン2に刺さる毒々も採用していて強いなと感じました.ほかにも自主退場出来る呪いなんかも面白いなと思います.

USMではアシレーヌと同様,技の通りがかなり悪く,SM時代に比べて選出率ががた落ちしてしまいました.あと,バンギラス入りやステロ展開に選出すると腐ることが物凄く多かったので,この枠はもしかしたら変えるべきだったのかもしれません.ですが,貰い火を生かし,リザードン入りに強く出れるのがこのポケモンの強みなので,そこは大きく評価できるところだと思います.選出率4位.

 

Pokémonsprite 785 SoMo.gif

カプ・コケコ@シュカの実 エレキメイカ

臆病H108 B12 C132 D4 S252

10万ボルト/ボルトチェンジ/目覚めるパワー(氷)/草結び

補正なしA252振り霊獣ランドロスの岩石封じ+地震高乱数耐え

補正なしA252振りマンムー地震+氷の礫確定耐え

補正なしA252振りガブリアスの岩石封じ+地震確定耐え

補正ありA252振りメガメタグロス地震バレットパンチ確定耐え

 

SM時代には入れてなかった新メンバー1匹目です.調整は有名なものをそのまま使わせていただきました.スカーフ持ちでない地面タイプに強気に突っ張り,対面から地面タイプを処理することができ, 非常に強かったです.ボルトチェンジが非常に優秀で,キノガッサ対面ではボルトチェンジからボスゴドラにつなぐというムーブ,水Zを持ってそうなカプ・レヒレにはボルトチェンジで削りアシレーヌで水Zを受けてZを消費させるという動きも取ることが出来て非常にアシレボスゴと相性のいいポケモンだと感じました.ただ,火力不足が気になる場面が多かったので,そこは他のポケモンに劣るところなのかなとは思いました.選出率2位.

 

Pokémonsprite 127m1 XY.gif

 カイロス@メガ石 メガシンカ前型破り→メガシンカスカイスキン

意地っ張りH244 A132 S132

恩返し(QRではからげんきにしました)/インファイト/地震/剣の舞

補正ありC252振りカプ・レヒレハイドロポンプZがメガカイロスに89.5%~105.8%

メガシンカ後最速77族抜き

 

SM時代には入っていなかった新メンバー2匹目です.夢咲楓さんの動画に僕が2回も出演出来たのはこの子のおかげだと思っています(笑)主にフシギバナ入りの構築,バンギラス入りの構築,ミミロップ入りの構築,受け系統の構築・・・要するにボスゴドラが通せなさそうな構築に選出していました.この型のカイロスは僕が探した限り,どこにも書いてなかったので,ここで簡単に紹介させていただきます.

まず,調整ですが,今回のアシレボスゴ構築でのカイロスの役割対象である相手の構築に対しては,メガシンカ後105族であるSを最速にしてもあまり生かせないかなと感じたので,Sを最速77族抜き(ヒードラン意識ですね)までがっつり落として,あとは耐久と火力に努力値を割きました.H244振りは,カプ・レヒレの水Zをなるべくいい乱数で耐えかつ,HPが奇数になるような調整です.わりと防御方面が固いのもあって様々な攻撃を耐えることが出来るので,この調整はかなり気に入ってます.

特性に関しては,型破りにしましたが,理由はワンチャンSに振っていないヒートロトムを型破り地震で倒せるから.それだけです(笑)なので,カイロスを使う際にヒートロトムが重くない構築になったら,威嚇が入らない怪力バサミを使う方が絶対いいと思います.

技構成はメインウェポンの恩返しと,エアームドテッカグヤバンギラス辺りに打てるインファイトギルガルドなどわりといろんな相手に打てる地震,積み技である剣の舞を採用しました.普通カイロスは先制技を持っている場合が多いのですが,技スペースが足りず,今回は切る形となりました.意外と先制技を持っていると警戒されることが多く,このポケモンを使い続けるにつれて,先制技持っている偽装を頻繁にするようになりました(笑)(結構決まることが多かった)

レート環境では選出率がかなり低めでしたが,オフや大物実況者との対戦などの大舞台では,何故か選出することが多く,非常に思い入れが深いポケモンとなりました.が,今後使うことはたぶんほとんどないと思います(笑)選出率6位.

 

Pokémonsprite 473 Weiblich XY.gif

マンムー@突撃チョッキ 厚い脂肪

意地っ張りH140 A12 B4 D236 S116

地震/氷柱針/氷の礫/地割れ

補正ありA252振りメガボーマンダの捨て身タックル85.7%~100.9%

補正なしC252振り霊獣ボルトロスの気合玉Z83.7%~99.5%

補正なしC252振りカプ・コケコの草結び40.3%~48.2%

素早さは準速61族+2

 

もはやこの構築の最大の勝ち筋となっており,MVPをあげるべき最強のポケモンです.電気タイプに対する性能はもちろん,USMより登場したアーゴヨンにも強く,カバマンダガルドみたいな並びには大抵このポケモンが刺さっていたので,選出率がSM時代より大幅に上がりました.ただ,有利不利が非常に激しいポケモンであり,扱いが物凄く難しいので,裏のポケモンでしっかりケアするか,無理に選出しすぎないことも非常に重要です.特にギャラドスロトム系統,テッカグヤには何もできないので,注意が必要です.

どうしても,地割れというワンチャンス技がある以上,脳死で選出する機会が増えてしまい,実はこのポケモンが,今回の構築を解散する一番のきっかけになってしまいました.チョッキを持っている以上,ポリゴン2などの火力があまりないポケモンに対して,何回も打つことができる一撃技はもちろん強いんですが,それに頼りっきりでは勝率が安定しないことはS9とS10を通じて,痛感したので次このポケモンを使う機会がもしあればその時はもっとうまく使ってあげられるようにしたいですね.選出率3位.

ここでの謝罪になって申し訳ないですが,このマンムーを使って,オフやレートの場でたくさんの物凄い運勝ちをしてしまいました.本当にすいませんでした.今後ポケモンをやるときはこのような運が絡みまくるプレイングや構築はなるべく使わないようにしようと思います.一撃技を使うにしても理にかなった構築になるようにしたいと思います.

 

注意すべきポケモンとよく見る並びに対する選出の仕方

ほかにも考えていたことはたくさんありますが,キリがないので代表的なやつだけ書きました.これを見たらわかると思いますが,この構築は対面構築の味が非常に強いです.もちろん,上に書いた対策がうまくいかないことは数多くあります.例えば,ゲッコウガカプ・テテフが共存している構築なんか普通にあるので,そういった場合は初手で何が来る可能性が高いかを周りのポケモンを見て考えなきゃいけないので,非常に難しい勝負になります.

なんか聞きたいことがあればTwitter(@spokemon929)にでも質問してくだされば,通知に気づかないという事故がない限り答えると思います.

 

最後に

タイトルにも書いてある通り,S9最高1969,S10最高1961という情けない結果で終わってしまいました.S9S10の2シーズンこの構築だけで1000戦近く,ほかの構築をいろいろ試した分も合わせると2000戦は潜ったのですが,2000に到達することは出来ませんでした.S10は早い段階で1900に2ロム乗せていたこともあり,密かに2000行けるという確信を持っていました.それだけに今回の結果はショックが物凄く大きいです.シーズン終了3日前くらいからは大きく溶かしてしまったレートを見て現実を受け入れられず,泣きながらレートに潜っていたこともありました.

今の自分は構築,プレイング,そしてメンタルのすべてが弱いんだなとS9S10で痛感しました.S11ではリベンジしたいという気持ちももちろんありますし,潜る時間も今のところ取れそうではあるのですが,2000に行ける可能性がある構築を作れる自信が完全になくなってしまっているので,このままいい構築が思いつかなかったら,今までみたいに2000目指して本気でレートに潜るみたいなことはしないのかなって思っています.

もしかしたら,今の自分は数字にこだわりすぎて,楽しくポケモンが出来てないのかなという心当たりも実は持っていたりするので,S11の期間はいろんな人のキャスをのんびり徘徊したり,ポケ勢通話とかもちょっと憧れていたりするので,そういうことをやりのんびりしながらしばらくは過ごしていきたいかなと考えていたりします.ポケモンのゲーム自体は今も大好きですし,しばらくやめる気はない(っていうかそれしか今のところ熱を入れれるものがない)のでいつもTwitterとかで仲良くしてくださっている方はこれからも仲良くしてくださるとうれしいです.それではここまで見てくださった方,本当にありがとうございました!最後にレートの写真とこの構築のQRパーティのリンクを下に載せておくので興味があれば是非使ってみてください!

 

 (最高レートの写真がないですが、写真は2000行ってから撮ろうとしただけで別に詐称してるわけではないことはご理解ください)

 

f:id:spokemon929:20180711032509p:plain

 

QRパーティーのリンク

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-8FE8-4419