特化攻め受けスイッチ

S15で使ってた構築のひとつを紹介します。この構築の最高は2094、最終2077でした。S15で最高レートを更新出来たもう1つの構築は今後も使う可能性があるので、まだ公開はしません。
f:id:spokemon929:20190618201601p:plain

コンセプト
・想定外の火力、耐久で相手をビックリさせる
・相手構築に合わせて受けか攻めの選出を使い分けて有利を取る


個体紹介

カバルドン@ゴツメ 腕白 HB252余りS
地震/氷の牙/あくび/なまける
物理受け。数値がとにかくギリギリなのでHB特化。身代わり持ちのマンダが非常に増えてたので、氷の牙は切れなかった。今まで対面ゴリラしか使ってこなかったので、回復技がある物理受けって強いなと思いました(こなみ)選出率1位。


リザードン@リザードナイトY 控え目 H108 B4 C252 D4 S140
火炎放射/オバヒ/ソラビ/めざ氷
準速レヒレ抜き

この構築のエースであるはずだったポケモン。カバマンダガルドやガルランドに出していたが、それ以外にはあまり強く出れなかった。個人的にS15で環境に刺さるポケモンだと思っていたが、S15はステロ展開多すぎたし、最速カプZレヒレやHD電磁波ポリ2が流行ってたので使う時期を完全に間違えており、環境読みを誤った形となった。1つよかったのは特化オバヒで慎重でない初手のカバルドンをふっ飛ばすのが気持ちよかった時。選出率6位。


カビゴン@回復木の実 食いしん坊 慎重 H244 B12 D252
恩返し/地震/あくび/リサイクル

たぶんかなり珍しいであろうHDにほぼ特化したカビゴン。HDに特化した理由としてはカバリザが苦手な激流ゲッコウガへの対抗策。信じられないくらいDが固くなり、相手が落とせると確信してるだろうと打ってきた特殊Zを何回も耐えた。ナットレイポリゴン2とかには出来ないあくびによる起点作成や起点回避が魅力。HP管理が非常に重要なのでノーマル攻撃技は捨て身ではなく恩返し。選出率2位。


カプ・コケコ@襷 おっとり CS252 余りA
10万/ボルチェン/めざ氷/電光石火

地雷枠。この構築で辛いステロランド展開を厚くメタった結果、このような構成になった。Cに補正をかけないと、襷ランドロスがめざ氷+電光石火で悪い乱数になってしまうのでいい乱数にするためにC補正とした。またC補正は相手のダメ計から少しズレを生じさせることが可能でメガギャラドスとかに対してはかなり乱数が変わる。エレキフィールドが後述のメタグロスと相性が良いがあくびとは相性が悪いため、攻め選出においてはかなり信用していいが、受けのコマを出す際は気を付けたい。選出率4位。


メタグロス@メタグロスナイト 意地 AS252 余りB
思念/雷パン/アムハン/バレパン

めっちゃ頭悪そうなASメタグロス。コケコとのシナジーで放つ雷パンが非常に強力。相手の構築でカバルドン以外でステロを巻きそうなポケモンがいたらこっちを出すようにしてたため選出率はリザードンより高い。A特化の火力は凄まじい。Sまで振り切ってる理由は最速グライ抜きくらいまでSに振りたく、特にしたい耐久調整もなかったため。選出率3位。


ゲッコウガ@格闘Z 変幻自在 せっかち AS252 余り C
けたぐり/がんぷう/冷ビ/悪波

最後に入ってきた枠。この枠はコケコグロスで崩せない受け構築を崩す枠になるが、それ以外にも相手のリザYやポリマンダが重かったりしたので、最終的にはこのポケモンに落ちついた。受け崩しという意味では格闘Zサザンドラやテテフの方が強く、この枠は最終盤までコロコロ変わっていたので、環境に合わせて変える枠なのかなって思った。けたぐりZは透かされたら終わりなので慎重に打たなきゃいけないところが弱い。選出率5位。


選出パターン
・カバカビ@1(受けのコマ2体+エース)
・攻めのコマ2体+受けのコマ1体
・コケコグロスゲッコウガ(完全な攻め選出)



最高2094
f:id:spokemon929:20190618201643j:plain

「攻メ」ゲンガーランド(S13最高最終2106)

S13に使用してた構築の紹介です。1回公開してたんですが、消してしまったので中身だけもう1回簡単に書きます。


ゲンガー@メガ石
H172 B4 C76 D4 S252 臆病
鬼火/祟り目/へど爆/10万
10万で無振りゲッコウガ確1

リザYと思われる並び、ゲンガー軸、ミミロップ軸以外には積極的に選出していた。選出率2位。


メタグロス@メガ石
H92 A132 B28 D4 S252 陽気
アイへ/バレット/雷パン/岩雪崩
特化ランドの地震ゲッコウガの珠悪波確定耐え

ゲンガーと似た仕事が出来るようにこの技構成。リザYと思われる並びには積極的に選出していた。選出率6位。


カプ・テテフ@襷
CS252余りB 控え目
サイキネ/ムンホ/めざ炎/10万
10万でH252テッカグヤが54.9%~65.7%
サイキネ+めざ炎でH252ナットレイが落ちる
 
ゲンガー軸やミミロップ軸を中心に選出。腐りにくい最強ポケモン。選出率4位。


ランドロス@ゴツメ
H244 A4 B252 D4 呑気
地震/蜻蛉/めざ氷/毒々

選出率1位。


ゲッコウガ@水Z 変幻自在
CS252余りB 臆病
カノン/冷ビ/めざ炎/水手裏剣

選出率5位。


バンギラス@悪Z
AS252余りD 意地
かみくだく/エッジ/挑発/竜の舞
共有カバがA2段階上昇悪Zで確1
呑気ガルドが悪Zで確1

選出率3位。


【選出】
・メガ+ランド+Z
・テテフ+ランド@1
・テテフ+メガ+Z

対面、積み、サイクルのどの戦い方も出来るので、相手の構築を見てどう戦うのがベストなのか判断する

f:id:spokemon929:20190410015907j:plain


諸事情で1回消してしまいましたが、S13の環境にはしっかり合っていた構築だと思います。S14で物理ガルドが増えたんで、S14終了時点の段階ではこの構築は厳しいと思います。

物理、特殊と可愛さの暴力!アシレクチート(S14最高2125)

【はじめに】
こんにちは、スポンジです。S14お疲れ様でした。S14で自分自身の最高レートを更新することが出来たので、今回はその使用構築を紹介していきます。
f:id:spokemon929:20190403202400p:plain

【構築経緯】
前期2100を達成することができ、1つの区切りをつけれたと思っていたのと、シーズンが3ヵ月あって大学の春休みと被っていたこともあり、考察が十分に出来ると判断し、自分の一番好きなポケモンであるアシレーヌと本気で向き合うことから僕のS14が始まりました。

序盤からいろんな型を試しては失敗の繰り返しをしてましたが、結局自分のプレイスタイルである「攻メ」の要素を組み込むには最大火力を出せるアシレーヌZのアシレーヌが一番使いやすいと判断したので、そこから構築を組むことにしました。

Zアシレーヌを使う上で弊害となるポケモンミミッキュアシレーヌの技範囲を受けれるタイプ受け、数値受けのポケモンなので、対面からミミッキュに有利を取りやすく、それらの受けを成立させない物理アタッカーとしてメガクチートを採用。

この2体はトリックルームと非常に相性が良いので、この2体が重いゲッコウガに強く、だいたいの攻撃を1発耐えてトリックルームを展開でき、火力もそこそこあるDLのポリゴン2を採用しました。

このアシレーヌクチートポリゴン2を基本選出と考えあとの3体は補完として採用。

まず、アシレーヌを通しにくく、クチートで崩せないタイプ受け(特に意識したのはフシギバナドヒドイデ)に強かった点、電気の一貫を構築の見た目だけでも切りたかった点を考え、飛行Z霊獣ランドロスを採用。

次にクチートが出しにくいドヒドイデヒードラン入りのサイクル、メガゲンガーにも弱くなく、アシレーヌと相性が良いポケモンとして地震持ちのメガリザードンXを採用。

最後の1枠はシーズン終了1週間前までいろいろ変えながら使っていましたが、勝率が悪く環境に多かったヒトムレヒレグロスを意識した点、ここまでで重かったキノガッサを相手の立ち回り次第で誘い倒せる可能性がある点を考えて寝言持ちの襷テテフを採用し構築がまとまりました。


【構築コンセプト、勝ち筋の追い方】
アシレーヌが通せそうな構築にはアシレーヌを通すことを第一に考える
・環境トップのカバマンダガルドには高い勝率を保てるように 
・今回の構築は対面構築の味が強いが、対面構築が辛いサイクルパに対抗出来るように剣の舞を多く採用
・ゲームの序盤は3対2もしくは2対2の状況を作る数的有利を意識、終盤1対2の状況になる展開を作ってしまってもトリルや積み技、先制技、対面性能の高さを生かしごり押しすることが可能


【個体紹介】
f:id:spokemon929:20190404000803g:plain
アシレーヌ@アシレーヌZ 激流 
187(252)-94-101(52)-189(204)-136-68 冷静
※S個体値23
泡沫のアリア/ムンホ/アンコール/アクジェ
補正なしメガボーマンダの捨て身最高乱数以外耐え
特化リザyのソラビ確定耐え
Sの実数値が無振りカバルドン+1、クチート-2(実数値粘れるなら69の方がよかったかもしれません)

構築の始点であり、僕が一番好きなポケモン。受けのコマが少ない構築にはとにかくこのポケモンが刺さりました。
受けのコマの要員にカビゴンが増えたことが一番の追い風で、リサイクル持ちカビゴンに刺さるアンコールは、今期初めて使いましたが使用感は凄くよかったです。
素早さの個体値が23なのはトリル下でクチートの上を取りたかったことや、ギルガルドとのS関係をごちゃごちゃにしないことが理由です(某強者の方がマンマンガルドの呑気ガルドはS個体値31を推奨してました)
ただ、トリル下でカバルドンの上を取りたかったり、素でクチートを抜きたい場面も少なくなかったので、このSライン調整は諸説だと思います。僕はS14中Sラインを3回変更しましたが、最終的にはこの調整が一番しっくり来ました。
カバリザやカバマンダガルドみたいなトップメタの構築には本当に強く、21チャレも最後はこの子で決めて思わず涙が出ました。終盤レヒレが増えて通りが悪くはなりましたが、それでもめっちゃ頼りにしてました。
ありがとうアシレーヌ、大好きです。選出率2位。


f:id:spokemon929:20190403235703g:plain
クチート@クチートナイト 威嚇
157(252)-163(188)-145-x-124(68)-70 意地っ張り
※メガ進化した状態での数値
じゃれつく/炎の牙/不意打ち/剣の舞
C補正で212振りレヒレの水Z確定耐え

アシレーヌの相方。Dに少し多めに振り対面から1体持ってく動きも出来るように意識しました。マンダを一撃で倒すためのじゃれつく、アシレーヌが苦手なナットレイに対しての処理速度を速めるための炎の牙、崩し性能を高めるための剣の舞は外せなかったので、技構成はこれでよかったと思います。
中盤まではじゃれつくの命中が体感7割くらいで個体変更を何回も考えましたが、リフレの効果もあったのか、終盤は本当によく技を当ててくれました。このポケモンもS11で使って思い入れがあったので、今回2100に連れていけて嬉しかったです。選出率3位。


f:id:spokemon929:20190404000703g:plain
ポリゴン2/進化の輝石 ダウンロード 
191(244)-x-110-172(196)-117(68)-80 控え目
トラアタ/冷ビ/シャドボ/トリル
サイコフィールド下の特化テテフのサイキネをほぼ2耐え
C132振りコケコ(DL調整をしているイメージ)のエレキフィールド下1瞑想10万Zを確定耐え
この構築の心臓部分。90%くらい出してました。
どんな構築に対しても腐りにくいのが強みで、汎用性の高い一致技のトラアタ、マンダ、ランドロスガブリアスを一撃で倒すための冷ビ、グロスやゲンガー、ガルド、ミミッキュに大ダメージを与えるシャドボ、コンセプトのトリルとどの技も外せなかったので技構成はこれでよかったと思います。
また初手コケコと対面した時にAが上がるかCが上がるかによってコケコの配分がある程度分かるのも非常に強力です。Aが上がった場合は、トラアタ→トリルの立ち回り、Cが上がった場合はトリルから入る立ち回りを一環させてました。選出率1位。


f:id:spokemon929:20190404000635g:plain
リザードン@リザードナイトX 猛火
153-182(252)-132(4)-x-105-167(252) 陽気
※メガ進化した状態での数値
フレドラ/地震/逆鱗/剣の舞

環境に意地っ張りメタグロスが増えていると感じていたので、リザードンに突っ張る意地グロスを分からせるためにニトチャを切り、陽気フレドラで採用しました。あと陽気にした理由としては、リザミラー、グライオン意識などがあります。
最初は意地っ張りで採用してたので、慣れるまで火力が足りないと感じる場面は多々ありましたが、それ以上にSに振っている恩恵が大きかったので、これでよかったと思います。
ただ、最近は風船ドランが多く、ヒードラン入りにeasy win出来るかと言われたらそこまで甘くなかったので、この枠にはフェローチェを採用したことも
ありましたが、数十戦したところですぐこのポケモンに戻すくらいには汎用性があると感じました。
今期初めて本格的にリザXを使いましたが、カッコよくて個人的に凄い気に入ったポケモンとなりました。選出率4位。


f:id:spokemon929:20190404002324g:plain
霊獣ランドロス@飛行Z 威嚇
181(132)-204(164)-110-x-100-138(212) 意地っ張り
地震/空を飛ぶ/打ち落とす/剣の舞
準速レヒレ抜き
A2段階上昇飛行ZでB特化カバルドンを確1
サイコフィールド下C特化テテフのサイキネを確定耐え

アシレーヌが通しにくそうな構築に対して選出しました。最初はASで使っていたのですが、対面で勝てる相手を増やしたくなり配分を見直した結果、耐久に少しだけ振る形にしました。
岩石封じや身代わりが欲しい場面も多かったですが、打ち落とすを採用することで、受けループやカグヤ入りのサイクルに強く出れたので技構成は最後まで変えませんでした。また、相手のグライオンが打ち落とすを見て身代わりを貼らずに毒々やギロチンを打ってくることもあったので、型の誤認の効果もあったのかなと感じました。選出率6位。

f:id:spokemon929:20190404000549g:plain
カプ・テテフ@気合いの襷 サイコメイカ
145-x-96(4)-182(252)-135-161(252) 臆病
サイキネ/シャドボ/10万/寝言

環境メタ枠。今まで紹介した5体で絶対に勝てない構築をかなり減らすことが出来たので、苦手で環境に多かったヒトムレヒレグロスキノガッサに強く出れるピンポメタとして採用しました。
ヒトムレヒレグロスグロスは準速リザ抜きまでSを落とすことが多いので、上からシャドボを押したところで、相手はビックリしてレヒレに引いてきて、そこでサイキネ→10万ボルトをしてレヒレを落とすみたいなムーブが出来たらいいなと思ってたんですが、実際に決まったのは1回のみですwただ、ヒトムレヒレグロスに強く出れたのは間違いなかったので、採用してよかったと思います。
キノガッサに関しては胞子を打ってきた瞬間ニヤニヤが止まりませんでした。胞子を打ってこないプレイヤーもたくさんいました。
この枠は中盤まではガルーラ入りに強く選出誘導力が高いゴツメモロバレル、終了1週間前までは混乱実ラティアスとこのテテフをコロコロ入れ変えてましたが、火力の高いテテフが好みだったので、最終的にはテテフでまとまりました。
サイコフィールドがクチートの不意打ち、アシレーヌアクアジェットと非常に相性が悪いので、そこに関しては要注意です。選出率5位。


【選出】
詳しく書くとキリがないので、書きません。
基本選出はアシレクチートポリ2です。初手は相手の構築によって変えていました。


【重いポケモン
ミミッキュ
クチートがいるとはいえ、しんどいです。皮剥がして超火力でなんとかしました。襷ミミッキュ剣舞することを祈ってアシレーヌでアンコールして拾った試合もめっちゃありました。
メタグロス
クチート軸永遠の課題。特に最終盤は陽気グロスばっかりだった気がするので、本当にきつかったです。
・風船ヒードラン+ナットレイ+メガボーマンダ
環境に一定数いるのはわかっていたけど、対応する余裕がありませんでした。リザ+ランド@1の選出でなんとかすれば勝てる試合もありました。
・初手に来ないキノガッサ
テテフは初手で雑に扱って数的有利を取る動きをすることが多いので、裏にキノガッサを残されるとあり得んしんどかったです。アシレーヌがアクジェを採用してるので、サイコフィールドが切れた後、他のポケモンで襷まで削ってなんとかする動きです。
・ガルミミッキュ
クチートがガルーラに削られるので後ろから来るミミッキュがきつくなります。クチートを後発に残してこっちが先にトリル展開をするか、相手のミミッキュが襷ミミッキュであり、トリルを後に展開してアシレーヌが通る展開であることを祈るしかないです。
マンムー
はたき持ってるパターンもあるし、タイプ上僕のパーティーにがん刺さりです。Zでないことを祈ってアシレーヌを対面させるか、テテフでなんとかするか、ポリ2でとっととトリル展開するかで対応します。
オニゴーリ
実はめっちゃキツいです。アシレーヌが身代わり貫通するとはいえ、勝てるかって言われたら微妙だし全体的にS遅いからオニゴーリの起点にならないようにビビりながら戦わなければならないです。アシレーヌリザードンを両方出せればある程度は強く出れます。


【最後に】
TN スポンジ 最高2125 最終2057
f:id:spokemon929:20190404020813j:plain


正直な話、この構築の完成度は高くないです。完成度で言えば前期のゲンガーランドの方が間違いなく高いと思います。

来期以降も面白い構築を組めたらレート頑張っていきたいなと思っているんですが、構築案いつものこと現時点で全くないし、私生活がかなり忙しくなりそうだしで厳しそう。あと、S14で初めて今まで考えた構築より良さそうな構築が作れなかったんですよね。さすがに思考の限界を感じたし、さらにはアシレーヌと頑張れたのが最後のシーズンだったならそれって最高の終わり方じゃないかなってちょっぴり思ってたり笑

まあ、いずれにしてもやりたくなったらやります!7世代最後のシーズンまで力を貯めておくのも手のひとつでしょう。ポケモン頑張る人を応援するのは大好きなので、これからもTwitterは続けていきます!仲良くしてくださると嬉しいです。
それでは長くなりましたが、ここまで記事を見ていただきありがとうございました!またいつかお会いしましょう!

アシレボスゴ始動withメガクチートand Z S11最高2028 

こんにちは!スポンジです!

今回はS11で自身7世代最高レートを更新することが出来た構築を紹介していきたいと思います。今回の構築は前期の構築よりシンプルな感じになったので、今回の記事は前回よりは簡潔に書いていきたいと思います。

f:id:spokemon929:20180903013938p:plain

なお、今回の記事は以下に掲載させていただいた記事をある程度把握していると話が分かりやすくなると思うので、まだ読まれていない方はその記事を先に読まれることをオススメします。(記事掲載許可は頂きました)
noahsylph.hatenablog.com

構築経緯

前期自分だけのアイデアで構築を考えることに限界を感じたので、今期は過去に結果を残されている方の構築をベースに構築を作ろうと考え自分のプレイスタイルに合っている構築を探していました。いろいろ構築記事を読み漁った結果、ゲッコウガミミッキュクチートの対面構築みたいな構築が自分に合ってるのではないかと感じ上に掲載させていただいた記事の6匹から構築を考えてみました。
もちろん記事の6匹をそのまま使うと型を1点読みされる危険性が非常に高いので、なるべくベースの構築がバレない様に、かつ自分が使いやすいようにアレンジして構築を作りました。

まず、激流襷ゲッコウガの枠を激流襷アシレーヌにしました。アシレーヌにしたメリットデメリットはこの後書く個体紹介の欄で説明します。
次に命の珠(またはスカーフ)キノガッサを自分には使いこなせる自信がなかったので、初手のガルーラ対面や、受け系統の構築に強く出れる格闘Zカミツルギを採用しました。
後の4体はベースの記事とほぼ同じにして途中まで潜っていたんですが、環境に一定数いるカバリザテテフキノガッサの並びが非常に苦しかったので、コケコの枠をラムの実持ちボスゴドラに変更。後の3匹はベースの記事とほぼ同じ型のメガクチートミミッキュギャラドスを入れて、構築が固まりました。


個体紹介

f:id:spokemon929:20180903152851g:plain
アシレーヌ@気合の襷 激流
控え目 C252 S252 B4
泡沫のアリア/ムーンフォース/サイコキネシス/身代わり

激流込みで泡沫のアリアが無振りコケコに107.6~126.9%
激流込みで泡沫のアリアが無振りボルトロスに96.1~113.6%
サイコキネシスがH252ドヒドイデに52.2~62.4%
サイコキネシスがH252モロバレルに60.6~71.5%
素早さは無振り91族(霊獣ランドロスが代表的)抜き

初手に出すポケモン①。懐かしいと言われそうな襷アシレーヌです。某強者の方が襷アシレーヌを使ってS3で1位を取り話題になりましたね。
今回の激流襷アシレーヌは激流襷ゲッコウガよりもこの構築にマッチしていると判断し採用しました。(本音を言うと一番の理由は嫁ポケモンをどうしても使いたかっt)

技構成は最初、泡沫のアリア/凍える風/エナジーボール/サイコキネシスで使っていましたが、構築単位であまりにもテッカグヤのやどりきのタネ展開をされるのが辛かったことから、試しに身代わりを採用してみたところ、思いのほか使いやすかったので最終的には身代わりと一貫を取りやすいムーンフォースを入れました。
凍える風も命中後最速100族まで抜けたりしてかなり便利でしたし、エナジーボールもH252レヒレに対して50.8~59.9%とかなりいいダメージが入るので採用していて面白かったです。

一応激流タスキゲッコウガとの差別点を挙げるため、アシレーヌを採用するにいたってのメリットデメリットを簡単に書いておきます。

メリット
・技範囲が広い
・火力が出る
ミミッキュクチートと組み合わせることでトリルアタッカーと見せることができて、襷が読まれにくくなる
・構築の可愛さが100億倍になる
デメリット
・素早さが遅い
・強力な先制技がない(アシレのアクジェは火力察しなので)
・対面操作技がない(ゲッコウガが覚えるとんぼ返りみたいな技)
・宇宙を見せられない(最近Twitterで流行っている言葉です)

だいたいこんな感じです。個人的にはゲッコウガより使いやすかったので皆さんにかなりオススメしたい型となりました。前期のアシレボスゴ構築より嫁ポケモンの選出率が上がって使っていて凄く楽しかったです。選出率3位。

f:id:spokemon929:20180903153203g:plain
ボスゴドラ@ラムの実 頑丈
勇敢 
個体値 D0 S0 Bは16くらい 
努力値 H252 A252 余りC
ヘビーボンバー/岩雪崩/毒々/メタルバースト
ヘビーボンバーが無振りキノガッサに88.9~105.2%
素早さ実数値が無振り30族の素早さ実数値(50)-1の49

初手に出すポケモン②。かなりいろいろなところがキチガイになってるこの構築最大の地雷ポケモンです。

まず、個体値についてですが、BとDの個体値をあえて下げている理由はメタルバーストのダメージを増やすためです。Bも個体値0が望ましいのですが、粘る気力がありませんでした()
Sも個体値0まで粘って多くの相手にメタルバーストを打てるようにしました。
ちなみに努力値はHAぶっぱで余りはB、D、Sどこも伸ばしたくないので適当にCに振っておきました。C振りボスゴドラ爆誕しましたねこれ。Youtubeポケモン動画のサムネに使われることを密かに祈っています()低評価ボタンをたくさん押されてしまうかもしれませんが・・・w

基本的にアシレーヌで相手しにくいテテフやキノガッサ入り、アシレーヌの技の通りが明らかに悪い構築に対して初手で投げて行きます。
技構成はメインウェポンであるヘビボン、岩雪崩、起点回避のための毒々、どんな相手に対しても最悪削るあわよくば対面から1匹持っていける可能性が高いメタルバーストを採用しました。
メタバは読まれそうで弱いかなと思って作ったおもちゃポケモンでしたが、想像以上に決まって普通に強かったです。選出率5位。

f:id:spokemon929:20180903153319g:plain
クチートクチートナイト 威嚇
意地っ張り H252 A252 S4
じゃれつく/炎の牙/不意打ち/剣の舞
A↑↑不意打ちで無振りメガリザードンXが90.2~106.5%

今回のエース枠。ほぼ全ての構築に出していました。命中不安以外は文句なしの強さでした。かわいい。選出率1位。

f:id:spokemon929:20180903153455g:plain
ミミッキュミミッキュZ 化けの皮
意地っ張り H188 A156 B164
じゃれつく/影打ち/呪い/トリックルーム
意地っ張りメガバシャーモフレアドライブが84.4~100.0%
HPを偶数にして呪い2回で退場できるように。

Z枠その①。相手のZ技を読んで化けの皮を盾に後出ししたり、トリックルームをした後、呪いで自主退場出来たりと様々な動きが出来て非常に器用なポケモンでした。
基本的にはこのポケモンをZ枠として選出することが多かったです。選出率2位。

f:id:spokemon929:20180903153626g:plain
ギャラドス@飛行Z 威嚇
意地っ張り H36 A252 B4 D4 S212
滝登り/飛び跳ねる/竜の舞/挑発
素早さは1舞で最速122族(ゲッコウガ)抜き

Z枠その②。クチートが通しにくいヒードランテッカグヤ入り、カバリザに対して出せそうなら積極的に選出するようにしてました。
挑発を入れてる理由は構築全体で重いテッカグヤに対面から勝てるようにするため、ドヒドイデなどの黒い霧展開を防ぐため(コオリZは択に勝たないときつい)、舞った状態なら上からメガボーマンダなどに挑発を打て、相手の積み展開を防ぐことが出来るため等です。
わりといろんな場面で使うことが出来て非常に便利でした。選出率4位。

f:id:spokemon929:20180903154043g:plain
カミツルギ@格闘Z ビーストブースト
陽気 A252 S252 B4
リーフブレード/スマートホーン/聖なる剣/剣の舞
A2↑↑聖なる剣でH252ポリゴン2が100.0~117.7%

Z枠その③。アシレーヌボスゴドラが先発で出しにくいガルーラスタンに対して刺さるかなと思って構築にいれましたが、裏によくいるゲッコウガウルガモスが怖くて結局ほとんど出せませんでした。
この枠はもっと最適なポケモンがいたかもしれないのでここの枠は見直す必要がありそうですね。
ただ、ナットドランの並びや受け系統の構築には強く出ることができるため、構築から最後まで外せませんでした。選出率6位。


基本選出パターン
初手f:id:spokemon929:20180903161241p:plainorf:id:spokemon929:20180903161335p:plainf:id:spokemon929:20180903163135p:plainf:id:spokemon929:20180903163256p:plainorf:id:spokemon929:20180903163359p:plainorf:id:spokemon929:20180903163447p:plain


注意すべきポケモンと並び
・カプ・コケコ、サンダー
今回の構築には地面タイプがいないので、かなりの確率で呼びます。初手に出てくることが多いので、初手でうまく仕留めるまたは削ることが出来ればいいんですが、ボルトチェンジをされることも多々あったりそもそも初手で出されなかったりすると、結果的にかなり重くなってしまいます。
この2匹がいる場合は、クチートミミッキュの選出をすることがほとんどでした。

・カバリザ
今期はBに厚い怠ける持ちゴツメカバルドンが多く、クチートミミッキュの選出をしても崩せないパターンが多々あり非常に苦手としていました。
ギャラドスを選出すると、対カバリザ構築への勝率が少し上がるので出せそうなら積極的に選出していってました。

バシャーモ入り構築
クチートミミッキュの選出をしてトリルを通すルートを取れれば安定した勝率を保てました。

テッカグヤ
かなりの確率で出てくるかつめちゃくちゃ重いです。アシレーヌギャラドスの2匹を出せれば、大丈夫なんですが、実際はそう簡単にその2匹を出せる構築はあまりないです。最低でもアシレーヌは出すようにしましょう。

ナットレイ
こちらもかなりの確率で出てきます。クチートギャラドスorカミツルギの選出をしないと、苦しいです。

ヒードラン
クチートを通す上で非常に厄介なので、ギャラドス通すルートを第一に考えて立ち回っていました。

・鬼羽または半分回復木の実ウルガモス
めっちゃきついです。ギャラドスを出せればまだなんとかなると思います。

・ガルーラ
クチートミミッキュの選出をするか、基本選出パターンを崩して、クチートまたはカミツルギから入らないと全壊します。

・受け系統の構築
アシレーヌクチートギャラドスカミツルギこの4匹のうち1匹または2匹を通すことだけを考えていました。構築によって誰をエースとするのかを見極めて頑張るしかないです。


後語り

今期はUSMで本格的にポケモン復帰して3シーズン目でやっとUSM初の2000超え、また7世代で初めて2000帯で勝利することが出来て、自分にとっては非常に進歩があったシーズンでした。
「S12は2050の壁を越せるように頑張るぞ!」と言いたいところなんですが、現時点で構築案が全くなく、正直詰んでる状態なので、S12は今までみたいに高レートを目指してポケモンをやるかはまだ未定です。今期みたいにたまたま自分のプレイスタイルに合う構築を作ることが出来たら頑張りたいかなって思います。それまでは自分の使いたいポケモンを好き放題使って1500帯でエンジョイしていると思いますw
またキャスもちょくちょくやると思うので良かったら暇つぶしにでも遊びに来てください。

あと告知です。9月の下旬か10月上旬あたりに僕が主催の仲間大会を開こうと今のところ思っています。今回は初めての催しってことで、ルールに特に縛りは設けない普通のシングルレーティングバトルのルールでやろうかなと思っています。
まあ、一つ任意のルールとして、自分が一番好きなポケモンを左上に置こうみたいな緩い感じのルールは作るかもしれませんwとりあえず参加した皆さんがポケモンバトルを思いっきり楽しんでくれるのを第一に考えて大会を作っていきます。
またこのブログに大会告知用の記事をあげるのでそちらもよかったらよろしくお願いします。(景品とかも考えてはいるんですが、いかんせん自分光るお守りすら持ってない弱者なので、もし景品用として使わない何かしらの珍しいポケモンを謙譲しようと考えてくれている神みたいな方がいたらDMで声掛けてください。)

それではここまで記事を見てくださった方ありがとうございました!何か質問等あればTwitterの@spokemon929に連絡してくだされば、通知に気付かないという事故がない限り答えると思います!
最後にレートの画像とこの構築のQRを載せておきます!興味が出た方はぜひ使ってみてください!

最高レートの画像
f:id:spokemon929:20180904040938j:plain

最終レートの画像
f:id:spokemon929:20180904042515j:plain

構築のQR
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4BBA-9800




余談ですが…2000行った記念にアシレーヌのぬいぐるみを買って一緒に添い寝しようと企んでいたのでこの前ポケモンセンターオンラインのページへ行ったんですよ。そうしたら…………
f:id:spokemon929:20180904045213p:plain
泣きました;;;;;;;;