アシレクチートfinal(S17最高2012)

こんにちは、スポンジです。今回はS17で使っていた構築を紹介します。今回の構築はS14のアシレクチート構築https://spokemon929.hatenablog.com/entry/2019/04/04/020935の改良版となります。結果は残せませんでしたが、S14の構築よりも安定した構築が作れたと思います。

f:id:spokemon929:20191115073223p:plain

【個体紹介】
アシレーヌ@アシレーヌZ
控え目 H252 B52 C172 D4 S28
泡沫のアリア/ムンホ/アンコール/毒々

構築の軸であり、自分が一番好きなポケモン。今回は控え目で採用し、Sに少し振りました。これはS無振りのテッカグヤ意識と、トリルが無くても戦えるようにするためです。

7世代終盤環境でのZアシレーヌはアリア、ムンホ、アンコールの3つの技は個人的に必須だと思っています。ラスト1個の技は候補が物凄くたくさんありますが、今回はカバマンダにいるHDポリ2を意識して毒々を採用しました。これによってアシレーヌで相手のポリゴン2を崩して、こちらのポリゴン2を通すという動きが可能になりました。


クチート@クチートナイト
意地っ張り H252 A188 D68
じゃれつく/はたき/不意討ち/雷パン

アシレーヌの相方。FFの方から色違いを譲ってもらったので、今回は色違いを使っていました。かわいい。

配分は変更無しですが、技構成を大幅に変更。まず、汎用性が高いと感じたはたきを入れ、更に剣舞を外し雷パンを入れました。Dに少し多めに振っていることもあり、対レヒレへの安定感が更に増しました。また、ランドと組み合わせて受けサイクルにかなり強く出ることができ、雷パンの使用感はかなりよかったです。

リザードン@リザードナイトX
陽気 H220 A28 B4 D4 S252
鬼火/フレドラ/雷パン/羽休め

http://dragonitepoke.hatenablog.jp/entry/2019/01/08/211405
こちらの調整を参考にさせていただきました。

アシレクチートで苦手なレヒレグロスや相手の高火力対面構築を意識して採用しました。実際、今期このポケモンはぶっ刺さりで選出率はクチートよりも高かったです。

アシレーヌの毒々とリザードンの羽休めはシナジーがありますが、泡沫のアリアと鬼火はシナジーが悪いのでそこは注意が必要です。


ランドロス@飛行Z
陽気 AS252 余りH
地震/空を飛ぶ/打ち落とす/剣の舞

ミミッキュ意識で最速のASにしました。選出率はS14に比べてかなり上がりました。今期はアシレーヌと同時選出をすることがたくさんあり、Zの使いどころを見極めなければならないところが難しかったです。


ポリゴン2@進化の輝石
控え目 H244 C196 D68
トラアタ/冷ビ/シャドボ/トリル

変更点無し。マンダ軸とグロス軸、積み展開にワンチャン出せるくらいで選出率が大幅に落ちました。それでもゴーストの一貫を切ったり、トリルのサポートが出来るのでアシレクチートには必須の枠だと思っています。


カプ・テテフ@気合いの襷
臆病 CS余りB
サイキネ/10万/シャドボ/寝言

こちらも変更点無し。キノガッサメタ。リザグロスポリミミガッサや積み展開に対して出しました。ただ、初手に出しても数的不利を取ることが多く、選出するタイミングが難しいポケモンでもありました。


S16ではリザードンXの枠を別のポケモンを使って2000を達成しました。

ヘルガー@ヘルガナイト
臆病CS252 余りH
悪波/大文字/ヘド爆/道連れ
こちらもレヒレグロスを意識して採用したポケモンです。道連れによってプレイングの幅が広がり、無理な並びがかなり減りました。
ただ、選出の択ゲーになることが多く、出し負けしたら即負けみたいな試合がたくさんあり、不安定でした。


【結果と反省】
最高2012
f:id:spokemon929:20191115081457j:plain

構築の使用感は悪くなかったが、改良案を思い付いたのがかなり終盤だったため、焦りすぎて潜ってた感じがありました。あとアシレーヌランドロスの2Z選出があまりにも多すぎたため、Zを切るタイミングが難しかったです。ここに関しては、選出あるいは構築を見直す必要があったかもしれないです。


7世代自分は気が変わってまだ潜るかもしれませんが、とりあえず今日剣盾が発売されたということでひとまずお疲れ様でした。近いうちに7世代の振り返りと感想を書いた記事を書くのでそちらも見てくださると嬉しいです。